お参りしやすい丘カロートのお墓-2

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

こちらはすでに基礎を造ってある墓地だったのですが、
補強のため、追加でコンクリートを流すことになりました。

まずは地面を15センチほど掘り下げまして……

**

そこに砕石を敷き詰めて、転圧機で圧力をかけて地盤の密度を高めます。

鉄筋を組んで、生コンクリートを流します。

本来はカロート(納骨室)用として作られている中央の四角いスペースは、
今回は使いませんので石を敷きつめました。
これで基礎も長年安心してお使いいただける状態になりました。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店は江戸時代から地元に親しまれ、
市役所のモニュメントや名刹の建造物もご依頼いただいております。
どうぞ安心してお任せくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

お参りしやすい丘カロートのお墓-1

こんにちは、いかがお過ごしですか。
茨城県常総市のお墓の専門家、山崎石材店です。

今回ご紹介するお墓は、工事前はこんな様子でした。

こちらは寺院墓地で、区画の基礎ができている場所です。

今回のお客さまは当店の地元常総市にお住まいの方。
お寺様に石材店を紹介してくださいとお願いしたところ2社紹介され、
連絡を取った時に対応が早かったので山崎に依頼した、とのお話でした。
ありがたいことです。
ご期待にそうよう、がんばらなくてはいけませんね。

まずはいつも通り、お墓のデザインを提案させていただきました。
こちらは今風な洋型デザインの墓石を2パターン。

そして伝統的で根強い人気のある和型墓石のパターンです。

これらをお客様にお目にかけたところ、いちばん上の洋型デザインの墓石がお好みとのこと。
それからさらにお客さまのニーズを拝聴し、対話を重ねていきました。

墓石や外柵にどんな色を持ってくるのかも、デザインの大切なポイントです。

皆さんならどれを選ばれますか?
お客さまは、墓石に下記の明るめの色味をチョイスされました。
そして墓石用の石材は、当店の展示場でお客さまが気に入られた石を使って、
敷地のサイズに合わせてリサイズすることになりました。

ところで、上記のお墓のデザインでは、
石塔の下にあるカロート(納骨室)の扉が大きくなったことにお気づきでしょうか?
つまりここの部分全体の高さが変わったんです。

こういうは「丘カロート」といって、
お骨を納める場所(カロート)がすべて地上という構造です。
膝や腰が弱って、お墓参りの際に墓前にしゃがんで手を合わせるのが難しい方でも、
こういうデザインのお墓なら、立ったままお参りができますね。

次回は工事の模様をご覧ください。

洋型、和型、デザイン墓石と、どんなデザインのお墓も
ご相談は、伝統と信頼を誇る山崎石材店へどうぞ。
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、気軽に検討できると好評です。

ご来場の際は、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

根強い人気!和型デザインのお墓-3

こんにちは、茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

コンクリートの強度がしっかり引き出せたら、
基礎の上にお墓の下回りの石を建て上げていきます。

基礎にアンカー金具を打ち込んだ後、モルタルを敷いた上に石をのせていきます。
石と石の接合面には隠し金具を入れることも。

下の画像から4つ顔を覗かせている半円状のものがそれです。

こちらはコンクリートのカロート(納骨室)。
つないだふたつのコンクリートのそれぞれに、十字に金具が入っているのが見えますね。

グレーのものは耐震性のある墓石専用コーキング材です。
白いものはエポキシ樹脂の強力接着剤。

金具とコーキング剤や接着剤を併用することで、丈夫なお墓にすることができます。

こちらは塔婆立てを設置しているところ。
接着剤のほかにステンレスの金具も使って、地震などの衝撃に備えています。

お墓の下回りができました。

石塔の建て上げ工事は、震度7に耐える耐震GELパッドなどを用いて施工。

縦に長く何層にも重なる伝統的な和型デザインの墓石ということもあり、
お墓を永くお使いいただくために、耐震施工は大切なポイントです。

無事に完成し、お客さまからも「思った以上の出来で満足」とのお言葉を頂戴しました。
落合さま、ありがとうございます!

洋型、和型、デザイン墓石と、どんなデザインのお墓も
ご相談は、伝統と信頼を誇る山崎石材店へどうぞ。

皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、気軽に検討できると好評です。

ご来場の際は、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

根強い人気!和型デザインのお墓-2

こんにちは!
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

御影石の和型デザインのお墓、今回は基礎工事の模様をお送りします。
まずは「根切り」。地面を一定の深さに掘り下げます。

ここに割栗石を敷き詰めまして……、

ランマー(転圧機)というマシンで、ダダダダダ! と圧力をかけて、
密度を高め、固くしっかりとした地盤にします。

今度はここに生コンクリートを流すための準備をします。
枠板、鉄筋、水抜きの穴を作るための紙筒を設置しました。

生コンクリートを流し込みました。
これからしばらく、温度と湿度の管理をしながら、強度を引き出す「養生」を行います。

次回はこの続きをご覧ください。

 

創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

根強い人気!和型デザインのお墓-1

いかがお過ごしですか。お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

今回ご紹介する現場はこちら!
施工前は更地でした。

*

こちらに建てる和型のお墓のデザインの提案です。

形は同じですが、どの石材にするか、石塔と外柵の色は揃えるのかなど、
様々なパターンをお客さまにお目にかけました。

洋型墓石やデザイナース墓石もすっかりおなじみになった感のある昨今ですが、
根強い人気があるのがこの和形墓石です。

はじめの現地の画像と合成してみました。
サイズ感がこうするとわかりやすく、お客さまに好評です。

次回は基礎工事の模様をお送りいたします。

「お墓を建てたいけれど、どんなお墓にしたらいいのかイメージが湧かなくて」とおっしゃる方は、一度つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にいらっしゃいませんか?
お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富ですし、墓石には価格を表示しておりますので、安心して検討いただけますよ!

ご来場の際は、お待たせしたりすることのないようぜひお電話でご予約くださいませ。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

これでラスト? 「中国山崎」のお墓@千葉県流山市

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニングまで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

「中国山崎」と呼ばれる、目が詰まったグレーのきれいな石があります。
中国産の高級御影石で一時大変人気がありましたが、
良材が出なくなってから当店では久しく使っておりませんでした。

しかし、お客さまがどうしてもこの「中国山崎」でお墓を建てたいというご要望でしたので、
店主自ら中国に原石を探しに行き、なんとか見つけた原石で建てたのがこのお墓です。

おそらく、当店で手掛ける最後の「中国山崎」です。

こちらの墓所は、今回の施工前にはこのように囲いが出来ていて、
塔婆立てとともに、時代を経たお墓がたくさん並んでいましたが、
メインとなる石塔はまだ建っておりませんでした。

まずはお客さまと打ち合わせ。
石についてはサンプルで検討したところ、やっぱり「中国山崎」が良いということでした。

次はお墓のデザインの検討です。
現場の今の状況をCGにして、シミュレーション。

バランスは大事ですから、特に石塔の仕上がりの大きさは慎重に見極めます。

伝統的な和形墓石のデザインです。

様々な角度から見ていきます。

色が少し濃いですが、色がきれいに揃う石で、
お客さまのご希望通りに「中国山崎」をご用意できることになりました。

完成

お客さまは当店からのアンケートに、満足された理由をこんな風に書いてくださいました。

墓石建て上げ工事に関する丁寧な説明、建て上げ工事の進行状況が写真で良く分かった事。仕上がり。
お世話になりました。

こちらこそ、記憶に長く残るような仕事をさせていただき感謝です。
田中さま、ありがとうございました!

皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓づくりをなさいませんか?
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富です。
墓石に価格が表示されているので、気軽に検討していただけますよ!
お越しの際には、ぜひお電話でご予約を。

茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

囲いができているお墓に、印度産「ZM」で和型墓石を建てました

こんにちは。茨城県常総市のお墓の専門家・山崎石材店です。

お墓づくりの進め方にはいくつかのパターンがあります。
よい墓所があったので先に購入されて、基礎だけは造っておいたというのもよくあるケース。
そしてたまには今回ご依頼いただいたお墓のように、
囲いの工事まで終わっていることもあります。

こちらが施工前の現地の様子です。

ここにどんなお墓を建てるか、お客さまにデザイン案をもとに検討していただきました。
まずは近年人気の洋型デザインの墓石です。

一番目立つ棹石だけでなく、花立て、水鉢などにも曲面を活かしたデザイン。

こちらを最初の現地の画像と合成しますと、こんな風になります。

お客さまには同時に伝統的な和型のデザイン案も見ていただいたのですが、
「やっぱりお墓らしい和型がいい」とのご意見で、
今回は和型墓石で行こうということになりました。

そうして出来上がったのがこちらのお墓です。
印度産の青みがかった白御影石である「ZM」を使いました。
棹石の下にはすっきりとしたデザインのスリン(飾り石の一種)が。

香炉には、ちょっと経本を連想させるような細工をつけました。

棹石にさらしを巻き、お供え物も並べて、開眼法要の準備が整いました。

山崎石材店では、ご新規、建て替え、リフォーム、管理など、お墓全般についてのご相談を、
地元常総市、つくばみらい市はもちろん、土浦市、水戸市など、
基本的に茨城県全域を対応範囲としてお受けいたしております。

責任を持ってお引き受けできる条件であれば、
千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など、
近隣都県にも対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

—————————————–
概要
墓石:ZM(印度)
外柵:既存
広さ:間口 1.5m  奥行 1.8m  面積 約2.7㎡
装飾品や加工など:香炉・花立水鉢
完成までの期間:1か月
—————————————–

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

お墓の石張りと補修工事-2

いつもありがとうございます。「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

今回のお墓では、墓石本体も地震でずれていましたので、いったんばらします。

耐震GELパッドや金具などを使って耐震化。

各段とも同じように施工します。

囲いは墓用接着剤などで補強。

ぼやけて読みにくくなっていた墓誌の文字には、色を入れ直してくっきりさせました。

*

もう一度、別な角度から完成した姿をご覧ください。
以前よりいっそう敷地の広さが感じられますね。
雑草が生えてくるのを気にする必要もなくなりました。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないんだけど、
いったいどこから手を付けていいのやら……。
そんなお悩みのある方は、まずは当店へご相談ください。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規のお墓の建立からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしておりますので、どうぞお気軽にお電話ください。

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

お墓の石張りと補修工事-1

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

本日は敷地が広い墓地の、墓前の石張り工事のケースをご紹介いたします。
まずはその前後の様子からご覧ください。

【ビフォア】

【アフター】

ええっ、別モノでしょ?? と思われた方が多数ではないでしょうか。
印象が一変していますよね。

実はこちらのお墓は長年の風雨によって、下の画像のように石がずれたり……、

このように囲いの部分が外れたりと、見かけが悪いだけでなく危険な状態になっていました。

今回それを全面的に改修。
ずれた石をもとの場所に据え直して補強します。

墓前の張り石も一旦はがして、作り変えます。

ここからは新しく作っていく作業が始まります。
この続きは次回お目にかけますね。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びませんか?
山崎石材店は、それぞれの墓所の状況に合わせた基礎工事を行うことはもちろん、
地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

ピンクの「G663」を桜模様の彫刻で飾って-2

こんにちは。お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

ピンクの御影石「G663」の墓石に桜の花の模様を刻んだお墓づくりのご紹介は、
今回は下回りの工事の続きをご覧ください。

カロート(納骨室)の横に壁になる石を建てるために、モルタルを敷きました。

カロートの両脇に壁を設置しました。

各所に下の写真のようなずれ止めの金具を仕込んでいます。

墓前の石を張る前に、下地を作っているところです。

二本並んだステンレスの棒は塔婆立ての固定に使います。

お墓の中心である石塔を積んでいきます。

完成しました!

「心」の文字の横と水鉢の二か所に彫った可憐な桜の模様が、お墓を引き立てていますね。

皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、気軽に検討できると好評です。

ご来場の際は、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

—————————————–
概要
墓石:G663(中国産)
外柵:G623(中国産)
広さ:間口 1.5m  奥行 1.8m  面積 約2.7㎡
装飾品や加工など:墓誌、花立、香炉
完成までの期間:1か月
—————————————–


◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。
report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店