カテゴリー別アーカイブ: 日記

バチや幸運の正体は何? プロは”バチ当たり”や”おかげさま”をどう見るか。

 

あなたは、バチや幸運を信じますか? 個人的には結構信じているほうです。でも、世の中にはまったくバチや幸運を信じていない人もいますよね。人によって違うのでしょうか?バチや幸運の正体って何でしょう?その正体とは意外なものでした。一般の方とプロに聞きました。

 

<<バチの話>>

・バチって存在する?アンケート紹介

 

今回も、まずクラウドワークスでアンケートを取ってみました。全体のうち92%の方が、「バチは当たる」と答えています。

信じる人は多いですが、一方で少数ながら、バチなんて当たらないし、信じないという人も。もちろん、人の考えはそれぞれですから、バチを信じないなんてバチ当たりとはいえません

 

・バチの正体って何だと一般の人は考える?

 

アンケートによると、バチの正体とは「心の中の罪悪感」だと一般には考えられているようです。

 

いくつかアンケートに寄せられた興味深いご意見を、山崎社長が解説します。

 

No1 人間誰もが持ち合わせている”良心”に背いたときに感じる心の痛みではないかと思う。バチが当たるような行動を取る人間は他社から恨みや反感を買うような性格であり、他者からの自身に対する行動に影響を与える

 

山崎社長「悪いことに関しては、自覚がある人と、ない人がいるます。自覚がある人に関しては、悪いことだとわかってやってる。(例:ゴミのポイ捨てなど。)

 

悪いことだと思ってない場合は、バチは当たらないですよね。自分の中の、善悪の軸が影響してきます。幼いころ、親にいわれたことなどが影響します。子供の頃に怒られなかったら、悪いことだと思わないかもしれません。もしかしたら、バチを信じてない人は、あまり怒られなかったのではないかという仮説が立てられます。」

 

No2 自分自身が悪いことをしたので、神様が罰をあたえたと感じます。

 

山崎社長「これも、ばちは解釈だといえます。悪いことが起きたときに、なぜだろうと思ったとき、良くないことがあってゴミのポイ捨てをしてたなとか、お墓で遊んだなとか、そういう解釈ができてしまいます。つまり、日頃の行いが大事になってきます。

 

日頃の行いで雨が降るとか、バチは信じなくともそういうことをいう人は多いですよね。コントロールできないことを、神様に任せるという価値観です。」

 

No3 当たって欲しいと考えるから願いのようなもの

 

山崎社長「罰当たりな人に対して、他人にも当たってほしいと願う心ですね。因果応報といいますか、人の畏れる感情といいますか。」

 

No4 私がそうだったからです。友達にひどいことをしたら、自分にも返ってきました。

 

山崎社長「これは、罪悪感があったので、ひどいことをしたと思っていたんでしょうね。」

 

No5 トイレしたくてお墓でしたところ、亡くなった人や精神疾患を患った人がいるからです。

 

山崎社長「実際には、因果関係とは、解釈だといえます。理由があると安心するんです。無理矢理な理由でも、不安なものから逃れるために、神様を使うといいますか。だって、死にたくないからお墓でトイレをしない、という逆の因果関係にはならないですよね。」

 

No6 自宅の庭に生えてた樹齢50年ぐらいの古い木を切って以来、家族や親せきに次々と不幸が訪れました。木には魂が宿っていると歴史の本で読んだことがあります。

 

山崎社長「不幸も解釈です。亡くなったりしたら、事実として、理由の説明ができません。その理由を探そうとしたところ、みつけてしまった感じです。関係のないことを、ストーリー化してしまったといいますか。」

 

・プロはバチをどう見る?

 

お墓のプロである山崎石材店の山崎社長によると、バチとは「多くの人に備わった良心」であるとのこと。もともと備わっている良心が、悪いことをしたときの、心がチクリとする感情と、不運な出来事を結びつけてとらえると。それが良心であり、バチの正体です。

 

<<幸運の話>>

 

バチの話は気が滅入るので幸運の話をたっぷりしましょう。では一方、幸運とは何でしょうか?

 

・幸運は存在する?

 

  • おかげ横丁のおかげさま精神

伊勢におかげ横丁という場所があります。赤福などが売られているのですが、おかげ横丁のみなさんは、人がみていないところでも、掃除を欠かさないですし、公衆トイレなども自ら掃除される方が非常に多いそうです。

 

おかげ横丁というぐらいですから、「おかげさま」の精神が根付いており、人様のおかげ、神様のおかげで商売ができ、暮らしが営めているので、人が見ていない部分でも感謝を込めて誠心誠意、お掃除をされるのだそうです。

 

  • 大谷翔平選手の運

 

さらに、運について徹底的に考えたのが、野球の大谷翔平選手です。「大谷翔平のマンダラシート」では、運というカテゴリがあり、そこでは「ゴミ拾い」「部屋そうじ」「道具を大切に使う」などの項目があります。

引用:スポニチhttps://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/02/gazo/G20130202005109500.html

 

上記が、大谷翔平選手のマンダラシートです。中央下に運のカテゴリがありますね。高校生のときから、大谷選手は野球で活躍している人には運もあることを見抜き、そしてその運の正体に気がついていたのです。

 

  • ノムさんのお気に入りの言葉

また、野球のノムさんが紹介して有名になった言葉で、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という、肥前国第9代平戸藩主であった松浦清の言葉があります。これも、陰でも努力をしている人はいざというときにその努力が自信となってみなぎり、本番でいい結果を残せるということです。

 

  • ブラックマヨネーズさんと幸運の話

 

実は、幸運に関して、以前、私はツイッターでこんな投稿をしたことがあります。

 

ブラックマヨネーズの吉田さんは、若手芸人だったころ、周りの芸人仲間がみんなマジコンを使っていても、自分だけはソフトを買っていたとのこと。それから何年もたち、マジコンを使っていた人たちは全員消えて、吉田さんだけが芸能界で生き残ったのです。

 

この話。マジコンを使わなかった吉田さんだけが芸能界で生き残ったという話ですが、マジコンと芸能界で売れることに相関関係や因果関係があるかは誰にも断言できません。でも、そうなのです。マジコンを使わなかった吉田さんだけが生き残ったと彼自身はいうのです。

 

これこそ、「おかげさま」「幸運」「負けに不思議の負けなし」ではないでしょうか。誰もとがめない環境であっても、吉田さんは違法ソフトを使わなかったし、流されもしませんでした。それが、巡り巡って明暗をわけたのです。

 

・プロはバチと幸運をどう見るか。

 

つまり、バチが当たるとは、負けるべくして負けること。

やるべきことをやっているところが最終的に勝つのです。これが答えです。

 

人が見ている見ていないに関わらず、やるべきことをやるのが大切です。なぜなら、バチも幸運も、結局最終的には自分の心がみているものであり、多くの人にはその良心がDNAに備わっているからですね。そしてその良心の正体は、ご先祖様かもしれませんね。だから、お墓は大切にしなければなりませんね。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

夫婦別姓になったら、お墓はどうなる?

こんにちは。

山崎石材店でお手伝いしている、藤田幸子です。

 

突然ですが、あなたは(選択的)夫婦別姓に賛成ですか?反対ですか?

そして、仮に夫婦別姓が実現したら、お墓ってどうなるのでしょうか

夫婦別姓になったらお墓はどうなるのか、疑問がふと浮かんだので、アンケートを取ってみました。すると、驚きの結果が出たので、みなさんにお届けします。

 

今回は、クラウドソーシングの『クラウドワークス』にて、20名の方に、2020年12月にアンケートを採りました。一体、どうなったでしょうか・・・。

 

夫婦別姓には賛成?反対?

まず、夫婦別姓そのものに、賛成か反対か聞いたところ、賛成100%となりました。反対はひとりもいません。驚きですね。個人的には、それだけマイナス面のない施策であり、早期に実現するのではないかと思っています。

 

ちなみに、私個人は今年結婚してフジタ姓になったのですが、夫婦別姓は反対とまではいかなくとも、さりげなく結婚したことをアピールできるといいますか、聞かれてないのに結婚したと暗に伝えられるので良いなと思っております。ただ、実際に結婚となると改姓の手続きが非常に面倒なので、他の方が別姓でいきたいというお気持ちはわかります。

 

早々に実現するだろうなと思っています。

性別と年代の分布はこんな感じです。男性のほうが少し多く、30-40代の方を中心に、最高齢は60才男性の方でした。60代であっても、夫婦別姓に賛成というご意見は、頼もしく感じますね。

 

夫婦別姓にしたら、お墓はどうなる?

では本題です。

夫婦別姓にしたら、お墓はどうなるのでしょうか?どのように考えているのでしょうか?今回は匿名アンケートのため、気軽に本音を聞いてみました。

 

  話し合う      ・・・4名(20%)

  一緒にはいる    ・・・8名(40%)

  別々にはいる    ・・・6名(30%)

  樹木葬や墓はいらない・・・2名(10%)

 

という結果になりました。

特徴的だったのが、20%の方が「パートナーと話し合う」という答えをされたことです。夫婦間のコミュニケーションは、時間がたつほどなあなあになり、話し合いがしづらくなるのでは?という仮説を、実親などをみるに思っていましたが、世間はそうではないようです。しっかり話し合って、決めていただきたいですね。

 

では、それぞれのご意見のなかで、個人的にユニークだなと思った意見をご紹介するとともに、山崎社長にコメントをいただいてみましょう!

 

 

【同じお墓に両家の姓を刻印】

  • もちろん両家の家族で相談になるでしょうが、両家の姓を刻印したお墓を立てるというのが一番しっくりくる選択だと思っています。2番目の選択としては両家お墓に半分ずつ納骨するという方法もありかなと思っています。

 

山崎社長のコメント:おふたりだけのお墓なら、それでOKですね。夫婦墓、一代墓と呼ばれる形です。また、子供さんが同じお墓に入られないなら、両姓の刻印でもいいと思います。ただ、、、子供が継ぐとなると、また別の問題が生じてしまいますよね。子供さんそれぞれの名字と新しい名字があるので、たくさんの名前ができてしまいます。

 

【死んだらお隣さん】

  • 隣通しで夫婦お墓を建てると思います。

 

山崎社長のコメント:隣通しというのは仲良しですね。実は、山崎石材店にもご夫婦でこられて、ご主人と奥様、息子さん大学生ふたりの4人の墓を買われた方がいます。

また、お隣に、奥様の実家のご両親の墓を買われました。隣同士なら、一緒にお参りできますから、後に残った人はとても助かります。

実はお墓って、二人用、四人用、六人用の他に、ひとり用もあるんです

夫婦で1個ずつのお墓は想定していますが、おひとり用に、夫婦ではいられるかたもいらっしゃいます。

おひとり用なら、そのお墓に永久にいられるからです。複数人は合祀になっちゃうんですね。他の人と交ざるのが嫌だという気持ちをもたれる方が2割ぐらいいるので、合祀がいやだという方に、ひとり用が売れています。また、ご夫婦なら混ざってもいいかな、という感情なのだと考えられます。

 

【好きな言葉を刻印】

  • 時代は変わりゆくので、臨機応変にお互いの話し合い次第で決めます。

墓石には「~家」という名字の彫刻ではなく、何か好きな言葉(例えば「感謝」、「絆」等)や、好きな絵柄を彫刻してもらい、裏書にはそれぞれの没年と別姓の氏名を彫刻してもらう。

 

山崎社長のコメント:お墓には好きな文字を刻んでいいのです。しかし、仏教では「愛」が刻めないなど、宗派によっていろいろあるのは事実です。ほかにも、浄土真宗だと魂はないので、「霊」はだめとか。

 

こちらお墓屋さんとしては、自由に刻んでいただきたいのですが、宗派によってはだめな文字が出てくるので確認が必要です。また、ご家族の中で違和感のある言葉はやめたほうがいいですね、とアドバイスしています。

実際にお墓に掘ると残るので、お参りする人の意見を聞くのが一番です。

最後に

 

夫婦別姓とお墓の問題。お手伝いしている私・藤田の「別姓が何世代も続いたら、お墓ってどうなっちゃうのかな?」という単純な疑問からはじまりました。

結論として、選択的夫婦別姓には大賛成、そして、お墓の問題を考えるに、ますます家族間のコミュニケーションが大切だと自覚している、というところでしょうか。「夫婦別姓が実現すると、家族の絆が~」なんていう意見もあるかもしれませんが、アンケートを通じて、より話し合いの必要性が高まっていることがみえてきました。

 

お墓のことは、人生の最後にもっとも家族のコミュニケーションが必要とされる瞬間なのだと思いました。よって、それまでの積み重なってきた家族の日常が、地層のように積み重なり、人生の最期の、お墓に関してのコミュニケーションを形作るのかもしれません。

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

白御影石「アーバングレー」 インド産墓石材を一躍有名にした銘石

インド産の白御影石の定番が「アーバングレー」です。

インド南部カルナータカ州のムドゥガルという地域で産出します。

丁場(採石場)に行ったときには日が落ちかけていて、検品をしている間に暗くなってしまいましたが、非常に広大な採石場で、山を切り崩すというよりもむしろ地面を掘り下げている感じです。
CIMG0206 (600x450)

世界中に流通している石材で、その経路によっていろいろな名前が付けられています。

日本ではアーバングレーという名前が一番有名ですが、印度ではMD5と呼ばれています。ムドゥガルの5番丁場という意味です。

ちなみに、ヨーロッパでは魚の鱗を意味するフィッシュベリー、中国ではGMKなどと呼ばれています。

余談ですが、1番や2番はどこ行ったのか、というと、石の丁場開発の過程では1番や2番ももちろんあるわけですが、品質や市場性などなどいろいろな問題があって、現在は産出していない、ということはよくあることです。
5番目の丁場が世界で受け入れられるほど大ヒットし、日本にはアーバングレーという名前で紹介されています。

アーバングレーのオーナーさんのお宅でカレーをごちそうになりました。
ここであんまりゆっくりしていたら、日が傾いてしまったというわけです。

SONY DSC

SONY DSC

こんなに広大な土地、下の岩盤はすべてアーバングレーです。

日本からここまで約3日かかります。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

もちろん、仕入れた「アーバングレー」を使用して、数多くのお墓つくりを手がけています。
具体的な施工の様子も以下の3記事のようにブログ記事にしていますので、ご覧ください。

『インド産の高品質な墓石「YZ」を使ったお墓』 https://www.ishihei.com/ohakablog/sekourei/20150726.html
『カーサメモリア ZENの施工例|スタイリッシュなお墓』https://www.ishihei.com/ohakablog/sekourei/20150212.html
『カーサメモリア Aoiの施工例|モダンなお墓』https://www.ishihei.com/ohakablog/sekourei/20150120-1.html

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

インド産御影石「ロイヤルブラウン」 淡い茶色で優雅な墓石に。

インドのアンドラプラディッシュ州でとれるブラウンが特徴的な石、それが「ロイヤルブラウン」です。

今ではだいぶ有名になった石材ですが、私が丁場を訪れた際にはまだ日本にはほとんど入ってきていませんでした。

それどころか、石の名前もまだロイヤルブラウンではなく、オーナー宅で、「これは日本市場でチャンスがあるか」なんていう話をしているときでした。

DSCN2121 (600x450)

ロイヤルブラウンのオーナーのお宅です。
SONY DSC

タンドリーチキン付のカレーいただきました。
SONY DSC

この岩山すべてがロイヤルブラウンです。
SONY DSC

オーナー一族総出で正装でおもてなしいただきました。
その後ろでは「この石は日本で売れるか?」という大人の話をしています。
SONY DSC

私はインドの代表的なブラウンの石材になるだろうから、「インドブラウン」がいいじゃないか、と言っていましたが採用されませんでした。
結果、よかったと思います。
「ロイヤルブラウン」、オススメです。
この石は別名「インペリアルブラウン」という名前でも出回っています。

こうして仕入れた「ロイヤルブラウン」ですが、今までに数多くのお墓づくりに当店で利用してまいりました。
以下のブログ記事が施工例になりますので、墓石を検討されているようでしたら、あわせてご覧ください。
『耐震加工もしっかり!つくばみらい市のT家のお墓』https://www.ishihei.com/ohakablog/sekourei/20150806.html
『伊達冠石のデザイン墓石|石探しから完成まで』https://www.ishihei.com/ohakablog/sekourei/20150129.html

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

季節の風物詩|田植えの準備

田植えの準備が始まりました (#^.^#)

田んぼ_向き修正

 

最近は、天気の変化が激しいですね…(>_<)

今日なんかは、昼間から雷が鳴っていました \(◎o◎)/

季節の変わり目ですね…

山崎石材店の展示場のすぐ裏でも、田植えの準備で田んぼに水が入り始めました。

田んぼに水が入り始めると雨がえるが元気よく鳴きだし…

ゴールデンウイーク頃には一斉に田植えが始まります。

初夏の風物詩です (*^^)v

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

福岡堰と小名浜|山崎石材店近くの観光スポット

今日は、ひな祭りですね (^.^)/~~~

あと一か月もすれば…

桜がちらほら咲き出すかもしれませんね (^^♪

山崎石材店があるここ、茨城県南県西地区で桜の名所と言ったら…

『福岡堰』ですね (*^^)v

ここは、先日主演の岡田准一さんが日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞した

「永遠の0」で撮影に使われているんですよ (*^^)v

 

永遠の0_桜並木

この場面です!

最後の方のシーンですが…思い出せましたか?

 

福岡関_桜

桜のころの福岡堰です (^○^)

桜が満開のころには、出店が出たりします。

と……ご紹介しておきながら…実は私は一回も行ったことがありません (>_<)

去年、昼間は家族みんな忙しいので、夜桜もきれいだろう!!!

と家族そろって意気揚々と出かけたのですが…

時間が悪かったのか…タイミングが悪かったのか…場所を間違ったのか…(+o+)

全然、見ることが出来ませんでした (+_+)

今年こそは、リベンジしたいです!!!

福岡堰 (←福岡堰についてはこちら)

 

桜を見た後のおすすめの、ランチをご紹介します (*^^)v

桜の名所『福岡堰』から直線で5~6キロ

山崎石材店の展示場近くにあります、『小名浜』さんです (^○^)

小名浜_外観

 

小名浜_海鮮丼

見てください!!!!

『デラックス海鮮丼』 ¥1950!!!!

すごいボリュームです\(◎o◎)/!

小名浜_海鮮丼アップ

アップの写真です!

今にも、こぼれ落ちそうです (^_^)/

 

またまた、こんなにご紹介していますが…

私…まだ行ったことがありません (+o+)

機会があったら是非にいってみたいと常々思っています。

噂によると…とても人気があってお昼でもすごくたくさんのお客さまが来店しているそうです。

(確かに、お昼の時間に前を通るとたくさんの車が駐車場に止まっています!!!)

なので、もしかしたらご予約した方が良いかもしれませんね (>_<)

小名浜さん (←小名浜さんの連絡先はこちら)

 

私も桜が咲く前には、お邪魔したいと思います (*^^)v

(※掲載写真は、知人が行った時の物をお借りしました(+_+))

 

 

 

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

春の訪れ

IMG_0022-xxx

明日から、3月ですね (#^.^#)

今日は、朝のうちは風が吹いて寒く感じましたが…

今は…風もやんで、春の気配を感じる陽気です (^^♪

数日前から気がついていましたが、隣の敷地に『オオイヌノフグリ』がきれいに咲いています。

この花を見ると、毎年春の訪れを感じますね♪♪

もう少ししたら、『つくし』も出てくるでしょうね (^○^)

お彼岸に向けて忙しくなってきますが、気を引き締めて行きます!

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

頂きもの (#^.^#)

IMG_0003[1]

見てください!!!!

この立派なネギ!!!!

朝、会社に来たら…

ありました (*^^)v

前日に、施工中の施主様から職人さんが頂いたそうです (^○^)

みんなで、山分けです!!!!

少し前の、秋にはたくさんの柿を頂きました。

田舎って、いいですね (#^.^#)

A様 ありがとうございます  😀

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

仕事始め

53-IMG_0800 (480x360)
今年も仕事始めに切り初め様をおまつりして、今年一年の繁栄と無事をお祈りしました。
2日は、石屋の道具を鍛えなおす火を始めて入れる火入れの日であり、それが仕事始めでありました。
職人たちはおまいりの後、親方にあいさつして、親方はお年玉とごちそうをふるまったそうです。
実際の現場仕事は7日から、石張工事からです。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

NHK「おしゃれ墓石が人気」で山崎石材店が紹介されました

2013年7月31日放送 「ニュースワイドいばらき」でカーサメモリア紹介されました。
157-01 (480x248)
158-11 (480x271)
159-14 (480x271)
164-31 (480x271)
160-17 (480x271)
161-18 (480x270)
162-19 (480x271)
「想いをカタチにする」
お墓を建てる時の「想い」を「カタチ」として表現することがちゃんとできていれば、
お墓の「カタチ」から建てた時の「想い」を知ることだってできるのではないか。
お墓づくりにお施主様や家族の方々に参加していただくことが何より大事だと考えています。
「想い」は目に見えません。
でも、お墓づくりに参加していただくことで、それぞれの想いを共有することができます。
その過程には目に見えないもの同士をつなげていくチカラがあります。
事前にイメージをご提案させていただくのは、この過程を大事にしたいからです。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店