カテゴリー別アーカイブ: 日記

はかもりを応援します

DSCN4725 (480x360).jpg

お彼岸にかけて増えるのがお墓の補修のご依頼。
お墓を守る、はかもりという責任を担うお施主さまは、ほんとうにいろいろな不安や悩みをお持ちです。
そんなときは気軽に石材店にお問い合わせください。
ちょっとした補修ですぐに解決できることも多いと感じていますので、きっとお役に立てます。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

水海道祇園祭

DSCN3927 (480x360).jpg

今年もお祭りの季節です。
水海道祇園祭は、氏子七町会で交代で当番をしますが、今年は地元栄町が当番町で本社神輿を渡御します。
山崎石材店では、毎年、この本社神輿の休憩所をたびやさん(中島被服店さん)と共同で出させていただいています。

DSCN3926 (480x360).jpg

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

石好き

ほんとにいろいろな石がありますが、
石を見るとつい、どこの石なのか、つきとめないと気が済まないのが石屋さんの職業病かもしれません。
ゴルフ場で、ラウンド後に入るお風呂でも、どこの石がつかわれているのかを「石きき」してしまいます。
ディズニーランドに行っても、アトラクションよりも、床に敷いてある石が気になってしまいます。
石目を見るために、磨いていない石に水をかけたりし始まったら重症かもしれません(笑)
最近、家族で近くのスーパー銭湯によく行くのですが、
使用されている石が気になってたもので、サンプルをもって確認してみました。
116-IMG_1177 (480x360)
やっぱりこの石。インドのM7でした。
37-DSCN2139 (480x360)

あなたのまわりに石を覗き込んでいる人がいたら、石屋さんかもしれませんね。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

お茶を出すときにしなければならないこと

「お茶をお出しするときには、必ず2回以上お注ぎすること」
と、親方に教わります。
理由は仏様はお茶を飲まないから。
つまり、お茶を飲むのは生きている人だから。ということのようです。
墓前や仏壇に供えるお茶は減りませんよね。
逆に、お客さまのところで、お茶を出していただくときも、
気が付けばちゃんと注ぎ足していただいていることがよくあります。
今日のお客さまは、
「若い人はお茶はあまり飲まないかな」とおっしゃって、
かわりにサイダーをグラスに注いで出してくださいました。
そのサイダーも、ちゃんと注ぎ足していただきました。
そんなことを思いながら、お客さまが、離れの書斎に沓脱石をご要望だったので、
こんな風におさめさせていただきました。
115-DSCN3876 (480x360)

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

10回目の記念

117-IMG_1165 (480x360)
市役所で行われた商工会の献血に参加してきました。
毎回、海外のここは行ったらダメな地域に近いところに行ってますので、2回に1回くらいは
「今回はご遠慮ください」となり、ジュースだけもらって帰ってくることもあります。
今回は「中国のここの地域はマラリアが報告されていますから・・・、あ、でも帰国してから1か月経ってるから大丈夫ですね」
と無事に献血させていただくことができ、10回目ということで記念品をいただきました!
118-IMG_1167 (360x480)

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

鐘楼を直しています

109-DSCN3704 (480x360)
お寺の鐘楼。
こちらも地震で石垣が動いて、危険なため、補強する工事をしています。
山崎石材店が石工事を担当させていただきます。
鐘を突く時間が決まっておりまして、工事中だからやめとこう、とはならないのです。
鐘を突く間、手を休めて一息ついているのですが、それがなんとも心地よい現場です。
111-鐘楼2-6 (480x343)
↑完成イメージパース
久しぶりの更新なので、軽めの内容にしておきます^^

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店