納骨室がないお墓の外柵新設工事-2

いつもありがとうございます。「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

納骨室がないお墓のリフォーム、今回は基礎工事と建て上げ工事の模様をお送りいたします。
工事に先立って、埋設してある骨ガメを地中から取り出しました。

そして、これまでの石を一旦すべて撤去し、更地の状態に戻します。

基礎工事開始です。まずは根切り作業。既定の深さまで土を掘り下げます。

ここに割栗石を投入して、ランマー(締固め機)で締め固めます。

砕石を投入してさらに締め固めた後、型枠を組んで背筋。
生コンを流して、これから一週間ほど養生してしっかり乾燥させます。
雨が降りそうだったので、ブルーシートをかけるために、木材を渡しました。

養生後、コンクリートの強度が出たところで、建て上げ工事に入ります。

外からは見えないところにアンカーを設置し、石の横滑りを防いでいます。

 

こちらにも隠し金具。これも横滑りを防止するためのものです。

次回は建て上げ工事の続きをお目にかけます。

お墓づくりのご相談は、創業から270年の伝統を誇る当店へどうぞ。
当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
まずはお気軽にお電話くださいませ。

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店


The following two tabs change content below.

yamada