展示場で出合った洋型デザイン墓石「プレーチェⅡ」-2

いかがお過ごしですか。お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

イタリア語で「祈り」という意味の名がつけられた、
洋型デザイン墓石「インターロック」の「プレーチェⅡ」。

展示場でこのデザインと出合い、気に入ってくださったお客さまのケースのご紹介、
今回は基礎工事の模様をお伝えします。

まずは根切(ねぎり)から工事開始。
根切とは、墓石の下に敷くコンクリートの基礎を造るために、地盤面より下に土を掘ることです。

既定の高さまで平らに掘り下げたら……、

地盤を固めるために、岩石を割った割栗石(わりぐりいし)を敷き詰めます

もっと小さい砕石(さいせき)も投入したら、
締固め(しめがため)機で圧力を加え、石と石の間の密度を高めて固い状態にします。

ここに生コンクリートを流すための型枠を組んで、鉄筋を配筋します。

生コンクリートを流し込んでいます。丸い筒は、水抜き穴です。

生コンを水平に打ち込み、しばらく養生します。

1週間ほどたって強度が十分に出てから、型を外しました。

次回は墓石の組み上げ工事の模様をお届けいたします。

インターロックのプレーチェⅡをはじめとした洋型墓石、伝統的な和型墓石とも、お墓づくりのご相談は、創業から270年の伝統を誇る当店へどうぞ。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店