墓石のクリーニングからのリフォーム-3

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

お墓のクリーニング後、リフォームもご検討頂けることになった今回のお客さま。

一口にお墓のリフォームと言ってもやり方はいろいろあります。
当店では前回ご紹介したように、古い墓石はどの程度残すのか、
新設する部分には例えば灯篭はつけるのかなど、
様々なお墓のデザインをお客さまのお目にかけ、ご検討いただきました。

その結果、形はこちらで決定。新しい石塔を設置することになりました。
これまでの墓石は、お墓の奥に設けるスペースに納めます(詳細は次回ご説明します)。

こちらは少し石塔の色味を変えたもの。素材選びはこれからです。

囲いが白御影石のパターンもご検討いただきました。

囲いが白御影石のデザインを、現場の画像と合成しました。
このやり方は周囲の景色と馴染んで、自然に見えるので、
仕上がりがイメージしやすいとお客さまに好評です。

展示場の石材のラインナップから、中国産の「河北山崎」をアレンジしました。
「河北山崎」は、グレー系の落ち着いた色味と、ツヤが長持ちすることでおすすめの石材です。

素材、デザインともこちらで決定。
次回からは工事の模様をお届けします。

江戸時代の創業から270年。
山崎石材店では、ご新規、建て替え、リフォームなどお墓についてのご相談を、地元常総市、つくばみらい市はもちろん、土浦市、水戸市など、基本的に茨城県全域を対応範囲としてお受けいたしております。
責任を持ってお引き受けできる条件でしたら、千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など、近隣都県にも対応させていただきます。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店