長方形ではない土地を生かし個性的なお墓づくり@つくば市-2

いかがお過ごしですか。お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

敷地を目一杯生かし、個性的なオベリスク風デザイン墓石のお墓へと建て直された
つくば市での事例のご紹介、
今回はデザインの検討の続きをお目にかけます。

お墓に墓誌(お墓に入っておられる方のお名前や、亡くなられた年月日を彫った石碑)や、
塔婆立て(供養のための木の板を墓に立てる装置)をつけるのか?
つけるとしたら、どこにどんな形でつけるのか?
お客さまと私どもは何度も検討を重ねました。

こんな作業を、もしかして少し面倒に感じられる方もおられるかもしれませんが、
ご満足のいくお墓づくりには、きちんと一定のステップを踏むことが必要です。
特にお墓の中でも目立つ、ポイントとなる部分は、
あとで後悔することのないようお客さまに十分に検討していただきたいのです。

デザイン設計も佳境になってきました。

墓誌のデザインがオベリスク風の墓石とマッチしていますね。

最終的に、お墓の後ろの外柵の、立ち上がり部分の部材を取って、
すっきりシンプルで決定しました!

次回は基礎工事の模様をお届けします。

皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、気軽に検討できると好評です。

ご来場の際は、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

 

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店