長方形ではない土地を生かし個性的なお墓づくり@つくば市-3

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

敷地を十分に活用して、オベリスク風の個性的なお墓に建て直されたリフォームのご紹介、
本日は基礎工事の様子をご覧ください。

まずはこれまでの墓石を運び出し、地面を掘り下げます。
「根切(ねきり)」という作業です。

割栗石や砕石を入れたら機械で加圧し、密度の高い、しっかりした硬い地盤をつくります。

生コンクリートを流すために木枠を置き、鉄筋を配筋したところです。
筒は水抜き穴を造るためのものです。

生コンクリートを打設しました。

型枠や筒を外したところです。
次回は墓石の加工や墓誌のデザインについてお送りいたします。

茨城県の皆さま! お墓のことなら新規の建立からリフォーム、部分的なプチリフォームまで、当店におまかせください。
弊社は地元・常総市、つくばみらい市を始めとした、茨城県内全域を基本対応エリアといたしておりますが、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県の柏や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店


The following two tabs change content below.