グリーンの石「深海」での和型墓石の建墓-2

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

すでに採掘を終え、今や伝説的な存在になっている
中国産の石材「深海」を使っての和型デザインのお墓づくり、
前回は基礎工事で生コンクリートを流し込んだところまでご覧いただきました。

あれから一週間。コンクリートに十分な強度が出たところで型枠を外します。

ここに墓石の横ずれを防止する、アンカーピンを打ち込みます。

石と石との接合面には、石材専用の樹脂系接着剤を使用。

下回りができました。

今回外柵に使ったのは、中国産の「G623」。
質の割に価格がお手頃な、外柵には特におすすめの石材です。

見えないところには、隠し金具を入れて補強しています。
地震が気になる昨今。こうした工程はますます欠かせません。

次回はお墓の中心である石塔の工事の模様をお目にかけます。

お墓づくりのご相談は、伝統と信頼を誇る山崎石材店へどうぞ。
当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
ぜひお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店