グレーの御影石で墓所をリフォーム-3

こんにちは。
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

お墓の中心である石塔は残して行うリフォーム工事は、
全体のデザインが固まりましたので、いよいよ工事に入ります。
まずはお寺さまに読経していただき、その後でお骨を取出して、古い囲いを撤去。

黒御影石のお石塔は、私どもの工場にいったんお預かりして、磨き直しを行います。

これからここにコンクリートの基礎をつくります。
画像は、その下地の底の位置まで土を掘り下げる「根切り」の作業を行ったところです。

ここに大きめの割栗石を敷き詰めていきます。

締固め機(ランマー)で上から圧力をかけ、締固めました。

生コンクリートを流し込むための、型枠を組み上げます。
中の四角い枠はカロート(納骨室)の部分です。

鉄筋を配筋したら、生コンを流し込みます。

生コンクリートを打設しました。
コンクリートに十分な強度が出るまで、このまま1週間以上養生します。

次回は下回りの石を組み上げていきます。

このようなお墓のリフォームは、山崎石材店へお任せください。

当店の地元・常総市、つくばみらい市(展示場)はもちろん、近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話くださいませ。

こちらもぜひ一度ご覧ください!
↓  ↓  ↓

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店