一周忌に合わせて真壁小目石でのお墓づくり-1

こんにちは、茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

今回ご紹介するお墓(完成時)です

「お墓はどんなのがいいですか?」

この質問にはっきりとお答えになるお客さまは、意外と少ないです。

お墓づくりはすべての方が「初心者」。

「たまに建てます」という方はまずいませんので、
とにかく必要なんだけど、どんなのがいいかはわからない、というところからスタートします。

当方といたしましては、お客さまにいろいろなお墓の画像をご覧いただきながら、
最初のご提案をさせていただき、その反応をもとにご希望を形にしていきます。

今回、最初にご提案したものはこちら。
オーソドックスな和型のデザインのお墓です。

提案2
伝統的な和型墓石を用いつつも、外柵の形を変え、
墓前にはモダンなサンドブラストを施したモダンなアレンジです。

提案3
外柵の上部と下部で素材を変えるなど、
遊び心のあるツートーンの石づかいをしたデザインです。

提案4
提案2のデザインをもとに、お客さまのご希望により、
サンドブラストを飽きのこないシンプルなものに変更しました。

墓石に茨城県産の「真壁小目石」、
外柵に中国産の「G688」を使うことになり、最終ご提案。

デザインが決まりましたので、次回は基礎工事に入ります。
「お墓を建てたいけれど、どんなお墓にしたらいいんだろう。さっぱりイメージ湧かないな」
こんな時には、まずはつくばみらい市細代にある
山崎石材店の展示場を覗いてみませんか?
お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富ですし、墓石には価格を表示しておりますので、安心して検討いただけます。

ご来場の際には、ご案内をお待たせしたりすることのないように、
ぜひお電話でご予約くださいませ。
当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
つくば市、取手市、下妻市、守谷市、坂東市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店