一周忌に合わせて真壁小目石でのお墓づくり-3

こんにちは、お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

亡き方の一周忌に合わせて建墓なさったお客さまのケースのご紹介、
今回は下回りの石の組み上げを御覧ください。

ここで使うのが、特性の違う2種類の石専用の接着剤。
組み合わせて使うことで耐久性、耐候性、耐震性を高めています。

高さを合わせながら、ひとつひとつ石を組んでいきます。

見えないところにも、隠し金具を入れて長期強度を確保しています。

下回りができてきました。
中央の空間はカロート(納骨室)の部分です。

次に石張りの下地をつくります。

石を張る時には、微妙な勾配をつけて水はけを良くしています。

次回は、石塔のたて上げ工事の模様をお送りします。

 

弊社は地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、茨城県内全域を基本対応エリアといたしておりますが、
責任を持ってお引き受けできる条件であれば、
千葉県の柏市や松戸市、埼玉県の川口市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店