茨城県産の真壁小目石で洋型のお墓-2

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

茨城県桜川市真壁町産の「真壁小目石」を使い、
洋型デザインのお墓を建てられたケースのご紹介、
今回は基礎工事の続きをご覧頂きます。

規定の深さまで地面を掘り下げたら、割栗石を隙間なく敷き詰めます

そこにさらに砕石を規定の高さまで投入して、上から機械で圧力をかけ締固めます。

締め固めたところです。
これで密度の高い、しっかりした地盤ができました。

ここに生コンクリートを流すための型枠を設置し、鉄筋を組みます。
鉄筋はD13という住宅の基礎などにも用いられる太いタイプを使用。
水抜き穴をあけるための筒も見えますね。

完成したあとでは見えない部分ですが、
お墓の耐久性、安全性を確保するための大切な作業。
着実にやっていきます。

生コンクリートを打設しました。表面を水平に仕上げます。

その後、一週間ほど養生して型枠を脱型。
コンクリート基礎の完成です。

次回からこの上に石を貼っていきますよ!
洋風デザインの素敵なお墓の外回りの工事をお目にかけます。

山崎石材店では、こうしたお墓についてのご相談を、地元常総市、つくばみらい市はもちろん、
土浦市、水戸市など、基本的に茨城県全域を対応範囲としてお受けいたしております。

また、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、
千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店