印度産M10をサクラの彫刻で飾って-3

こんにちは。
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

コンクリート基礎ができましたので、下回りの墓石(外柵)の建て上げ工事に入ります。
床面から出ている金属の棒(アンカーピン)にご注目ください。
このアンカーで、地震などの衝撃による石の横ずれを強力に防止します。

この金属の棒は以下のような方法で設置しています。
まずはモルタルを敷きます。

その後、コンクリートの基礎にドリルで穴を開けました。

その穴に金属の棒を入れます。

ここにクレーンで穴を開けた石を運びこみます。

石と石とが接する面には、
耐震性のある墓石専用コーキング材を使用。

次回はこの続きをご覧ください。

江戸時代の創業より長年の信頼と実績を誇ってきた山崎石材店では、
こうしたお墓の建て替えなどについてのご相談を
地元常総市、つくばみらい市はもちろん、
土浦市、水戸市など、基本的に茨城県全域を対応範囲としてお受けいたしております。

責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店


The following two tabs change content below.