ひな壇墓地への洋型墓石の建墓-2

いかがお過ごしですか。お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

ひな壇状にお墓が並ぶ墓地でのお墓づくり、
今回はそのデザインの検討の続きです。

お客さまと、建てた後のことまでいろいろと一緒に考えながら、
2回目のお打合せを行いました。
前回の案に対して、高さがあったほうがよいかなというお話でしたので、
それにそったお墓のデザイン案を3種見ていただきます。

こちらを現地の画像と合成するとこんな感じに。

他にもこんな洋型のデザインをお目にかけました。

3番目の洋型墓石のデザイン案をもとに、色の組み合わせをシミュレーション。
外柵の形も替えてみました

でも、お墓の高さがありすぎるとお掃除が大変そうとのご意見をいただき、
低めにすることに方向転換。
本日の二番目の画像と、高さを見比べてみてくださいね。

高さ低め系のご提案3種です。

お客さまは2番めのデザインがお気に召されたとのこと。
こちらでも石のチョイスのために、色のシミュレーションを作成しました。

あなたならどの組み合わせになさいますか?

お客さまがお選びになられたのは、
2番めの、グレーの外柵にダークグレーの竿石の組み合わせでした。

次回からは工事の模様をお届けいたします。

 

皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、気軽に検討できると好評です。

ご来場の際は、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

 

 

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店