ひな壇墓地への洋型墓石の建墓-4

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

生コンクリートを打設してから約1週間。
型枠を外し、これでしっかりとしたコンクリート基礎が完成しました。
次はお墓の外回りである外柵の組み上げを始めます。

基礎に、上に乗せる石を固定するためのアンカーピンを立てたところです。

モルタルを敷きました。

石の固定には接着剤やコーキング剤も併用。
地震などの衝撃に強いお墓をつくっていきます。

お墓の最も奥に、塔婆立を設置しました。
今回これらの箇所に使用したのは、中国産の「G654長泰」。
グレー系の御影石で、吸水率は高いですが水はけがよい人気の石材です。

基礎が見えているのは、骨壺を納めるカロート(納骨室)の部分です。

外柵工事が終了したら、次はお墓の中心部分の石の建て上げ工事を行います。
墓石本体には、震度7クラスの地震にも耐える耐震ゲル(四角いシート)を施工しています。

墓石の各段ごとに、同様に耐震ゲルやコーキング剤を置いていきます。

完成しました。二段になった外柵、
お墓の入り口の親柱の丸みのついた形状などが目をひきますね。
洋型墓石や墓誌に使用した石材は、印度産のダークグレーの御影石「YS」です。

お客さまによれば、出来上がったお墓は、ご親戚の皆さまにもたいへん好評とのこと。
お墓の高さや色もお気に召していただいているそうで、ありがたいことです。

 

「お墓を建てたいけれど、どうすればいいのかよくわからなくて」とおっしゃる方は、
一度つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にお越しになりませんか?
当店は創業から270余年。先進の技術やデザイン感覚を取り入れつつ、
価格、サービスともに地域に信頼される石材店として営業いたしております。

ご来場の際は、お待たせすることのないよう、ぜひお電話でご予約くださいませ。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

—————————————–
概要
墓石:YS(印度産)
外柵:長泰(中国産)
広さ:間口 1.6m  奥行 2.4m  面積 約3.8㎡
装飾品や加工など:花立・香炉
ご依頼から完成までの期間:3か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店