つくばみらい市に建つ和洋型のお墓-2

こんにちは、お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

お墓のデザインが決まりましたので基礎工事に入りますが、
今回は工事の前に、
現場の土中に以前土葬されたお骨が残っていないかどうか確認することになりました。

地面を少し掘り下げて観察しますと……

お骨はありませんでした!

確認が取れましたので、コンクリートの基礎を造る工事を進めていきます。
最初に、墓所全体を既定の高さ(約40cm)まで掘り下げていく根切の作業を行いました。

掘り下げた穴に、大きめの割栗石を隙間なく敷き詰めます。

さらに砕石も投入し、既定の高さに合わせました。

全体の高さを合わせながら、締固め機で圧力をかけ、地盤の強度を上げます。

型枠の板を設置し、鉄筋を組みました。
山崎石材店では、鉄筋はD13という住宅の基礎などにも用いられる太いタイプを使用しています。

生コンクリートを流し込みました。
これから約一週間程度の養生期間を取り、コンクリートの強度を十分に引き出します。

次回はいよいよ石の組上げ作業に入ります。
こちらもぜひご覧くださいね。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店は、それぞれの墓所の状況に合わせた基礎工事を行うことはもちろん、
地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店