洋型墓石を追加するリフォーム工事@茨城県八千代町-2

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

これまでの和型墓石の隣に、一体化させる形で洋型デザインのお墓を設ける工事、
前回はこれまでの小さな基礎を、
カロート(納骨室)とともに解体するところまで見ていただきました。

今回は新しく大きなコンクリート基礎を造るために、
敷地全体を規定の深さまで掘り下げる作業からご覧ください。

できた穴に砕石を投入し、ランマーで圧力をかけて締固め、しっかりした下地をつくります。

下地ができました。

ここへ生コンクリートを流すための型枠を組みます。

更に、枠の中に鉄筋も組みました。
使用している鉄筋は、D13という住宅の基礎などにも用いられる太いタイプです。

生コンを流しました。
カロート(納骨室)はこれまでの地下型から地上型に変わるため、ここでは設置していません。

コンクリートの強度を十分引き出すために、数日間温度と湿度を保ちながら養生させます。

次回はいよいよ石の立て上げ工事に入ります。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店では、当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。

まずはお気軽に下記の番号までお電話ください^^
◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店