洋型墓石を追加するリフォーム工事@茨城県八千代町-3

こんにちは!
お墓づくりからその後の管理、クリーニングまで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

洋型墓石を追加するリフォームの事例のご紹介、今回も八千代町の現場からお届けいたします。
コンクリートが十分な強度になったら型枠を外して、これで基礎が完成。
敷石などの組み上げに入ります。

水準器で石がきちんと置かれているか確認しながら、作業します。

これは基礎とその上に設置する石とを一体化するための、アンカー金具を打設しているところ。

基礎から飛び出している金具がそれです。

このアンカー金具で、横ずれを強力に防止しますよ~。

石と石との接合部分には、白いエポキシ樹脂の強力な石材専用接着剤を適量使用します。
グレーのものは、耐震性のある墓石専用コーキング材です

これは洋型のお墓の最奥部に、クレーンで吊り上げた石の板を重ねようとしているところ。
下の石に仕込んだステンレスピンで、上の石と固定します。

この石の板の設置が終わりました。
ツートーンがしゃれた印象ですね。

次回はこのお墓の完成した姿をお目にかけます。

洋型、和型、デザイン墓石と、どんなデザインのお墓も
ご相談は、伝統と信頼を誇る山崎石材店へどうぞ。

弊社は地元・常総市、つくばみらい市(展示場)をはじめとした茨城県内全域を
基本的な対応エリアといたしております。

しかし、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、
千葉県柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県の川口市や越谷市など
近隣都県にも対応させていただきますので、
まずはお気軽に下記までお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店