洋型墓石を追加するリフォーム工事@茨城県八千代町-4

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

これまであったお墓の並びに、新しく洋型墓石を建てるリフォームは、
順調に工事が進み、ここまでできました。

中央の床面に水抜きの穴が空いているところは、
骨壷を納めるカロート(納骨室)の部分。

その両脇の天面にこれから張り石を行いますが、
長年の間にぐらついたりすることのないよう、
その下地にもしっかりと強度のあるものを入れています。

張り石は、微妙に角度をつけて設置する(水勾配をとる)ことで、
お墓の上に水がたまらないようにしています。

墓石本体の組み上げに移ります。

カロートの上に設置する石には、
震度7クラスにも耐える、耐震ゲルパッド(黒いシート状のもの)を施工します。

石塔本体が載り、新しい洋型墓石のエリアはほぼ完成しました。
こちらには中国産のグレーの御影石「長泰」を使っています。

 

続いてその右横に、一時的に撤去していた和型の墓石を戻していきます。

こちらもクレーンで慎重に作業。
洋型墓石と一緒の新しい敷石の上に載るので、和型墓石の見栄えもより増すことでしょう。

石と石の間には、強力接着剤、コーキング剤やパッドを使っています。。

和型墓石も完成しました!
新しい洋型墓石も、同じ敷石の上で違和感なく調和していますね。
足元が広くなり、お墓参りもしやすくなったと思います。

カロート(納骨室)の扉には、安らぎと子孫繁栄をイメージさせる木のレリーフを施しました。

皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、気軽に検討できると好評です。

ご来場の際には、ご案内をお待たせしたりすることがありませんよう、
ぜひお電話でご予約くださいませ。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。
—————————————–
概要
墓石:長泰(中国産)
外柵:G688(中国産)
広さ:間口 3.6m  奥行 2.1m  面積 約7.6㎡
装飾品や加工など:花立・香炉
完成までの期間:2か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店