印度産の「M1H」でお墓をリフォーム 東京都江戸川区-3

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

印度産グリーン系の御影石「M1H」を使ったリフォーム、
今回は下回りの石の組み上げを進めて参りましょう。
こちらは地上に納骨室がある、「丘カロート」タイプの外柵です。

いつものように墓石専用コーキング材とエポキシ樹脂の強力接着剤を併用しています。

石と石は無垢のステンレスピンで接合。

上から乗せる石にもステンレスピンと接着剤、コーキング剤が見えますね。

こちらにも接着剤やコーキング剤を使います。

さらに石が乗りました。
今回こちらに使っている石材は、中国産の白系の御影石「G623」です。

お墓の手前の部分は、石を組み合わせてしゃれた雰囲気に。

いよいよ印度産の御影石「M1H」の登場です。
写真では黒っぽく見えますが、天気の良い日には緑色が際立つんですよ。

現在組み上げているのは石塔の下の方である中台の部分。

完成までもう一息。次回もこの続きをどうぞ!

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びましょう。
山崎石材店は、それぞれの墓所の状況に合わせた工事を行うことはもちろん、
地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、
坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください♪

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店