愛着ある墓石を残しつつ印象一変!和型墓石のリフォーム-3

こんにちは♪
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

コンクリートの養生期間が終わりましたので、
お墓の外回りである「外柵」の建て上げ工事に入ります。

下はコンクリート基礎に穴をあけ、アンカー金具を打ち込んだところ。
ここに同じくアンカー用の穴をあけた石を建てていきます。

石の固定にはモルタルも併用します。

建てた石と石の間には、墓用コーキング剤と強力な接着剤を使用。

お墓の塀の下の部分である根石と、
お墓の入り口の親柱が建って、だいぶお墓らしくなってきました。

墓前に石の板を敷きました。
足が滑りにくいように、石の表面に加工を施してあります。

お墓の奥にカロート(納骨室)を造っていきます。

この石の板で二重に形づくられたスペースが、カロート(納骨室)になります。

これから根石の上に羽目を載せます。
こちらにも墓用コーキング剤と強力な接着剤を使用。

慎重に羽目を根石の上へ。

次回も工事の様子を御覧くださいませ。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店は、地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店