愛着ある墓石を残しつつ印象一変!和型墓石のリフォーム-4

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

愛着あるこれまでの墓石は残しつつ、
あとはリフォームしたいというご要望をいただいての今回のケース、
工事がだいぶ進んでまいりました。

こちらはお墓の一番奥から見たところです。

ここに、まず擬宝珠(ギボシ)のついた親柱を建てました。
次にその間に、塔婆立てを設置します。

鳥居のような形をしている石の塔婆立ての、柱の部分がまずできました。
これからこの間にまた石を渡します。
ここも地震などの衝撃に備えて、
金具と強力接着剤、コーキング剤でしっかり固定していきます。

塔婆立ての設置ができました!

工場でクリーニングを終えた古い石塔を、塔婆立ての前に設置していきます。

これまでの石塔をさらに積み重ねていきます。

完成まであと一息ですね。

お墓づくりのご相談は、創業から270余年の伝統を誇る当店へどうぞ。
当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
お気軽にお電話くださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店