地盤強化で見た目も耐久性もアップ! 外柵のリフォーム-3

こんにちは♪ 茨城県常総市のお墓の専門家・山崎石材店です。

生コンクリートを基礎づくりのために流し込んでから数日立ちました。
十分な強度になったら脱型して、石組みを始めます。

出来上がったコンクリート基礎にドリルで穴を開け、アンカー金具を打ち込んで、
これから設置する外柵の石の横ずれを防ぎます。

当然ですが、設置する石の側にも穴を開けています。

中央にアンカー金具が見えています。

石と石は、2種類の性質の違う接着剤を使用して、強力に固定していきます。

画面右に2ヶ所出っ張りがありますね。
こちらは、外からは見えない部分に仕込んだ横ずれ防止の隠し金具です。
お墓を長期間、安全につかっていただけるよう、随所にこうした仕掛けがしてあります。

こちらはカロート(納骨室)のコンクリート枠の部分。
ステンレスの金具でガッチリと固定しています。

上記のカロートの画像の周囲はこんな様子です。
だんだんお墓らしくなってきました。

次回もこの続きをご覧ください。

山崎石材店では、お墓のクリーニングやお手軽なプチリフォームも承っております。
お墓についてなにかお困りでしたら、まずはお気軽にお問合せください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店