地盤強化で見た目も耐久性もアップ! 外柵のリフォーム-4

いつもありがとうございます。「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

長期間使うお墓は、途中で石のズレなどが起こらないようにすることが大切。
地震も心配なご時世ですしね。
ということで、当店では前回ご紹介したアンカー金具など以外にも、
さまざまな方法で石を固定しています。

下の画像は、石と石の接合面を隠し金具で補強している様子です。

こちらはカロート(納骨室)の周囲の床面の石張施工です。
重い石の板はリフターを使って持ち上げます。

こちらに使っている石材は中国産白御影石の「G623」。
使いやすいと外柵用にとても人気のある石です。

石と石の隙間を水が入らないようにシーリングします(青いテープの部分)。

こちらは解体・移動させていた石塔の組み上げを行っているところです。
このように耐震性能のあるシートや接着剤、コーキング剤を併用して、石を積み重ねていきます。

リフォーム工事の完成です。いかがですか?

外柵を新たに設けたことで、きれいに感じよくなっただけでなく、
松杭による地盤強化、そしてしっかりしたコンクリート基礎を行ったことで、
安全度もグーーンと向上しました。

これまでの石塔も、
新たに耐震GELパッドを使用して積み直すことで、
さらに永くお使いいただけるようになりました。

山崎石材店では、ご新規、建て替え、リフォームなどお墓についてのご相談を、
地元常総市、つくばみらい市はもちろん、土浦市、水戸市など、
基本的に茨城県全域を対応範囲としてお受けいたしております。

責任を持ってお引き受けできる条件でしたら、
千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など
近隣都県にも対応させていただきます。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

—————————————–
概要
墓石:既存
外柵:G623(中国産)
広さ:間口 1.5m  奥行 5.1m  面積 約8㎡
装飾品や加工など:塔婆立
完成までの期間:2か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店