「お墓の市民講座」参加者の方が建てられたお墓-1

こんにちは。
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

今回はまずはお墓が完成した後の魂入れの儀式「開眼法要」の際の画像からご覧ください。
この白い布に包まれたお墓。こちらが今回の主役です。

山崎石材店では時々「お墓の市民講座」という、
お墓について知っていただくための催しを開催しております。
こちらにご参加いただいた鈴木さまから、今回のご依頼を頂戴いたしました。

施工前の現場の様子です。
お客さまは、このように基礎が施工されている状態での墓所をお持ちでした。

当店の墓石展示場に足を運んで下さり、
展示してある石の中から選んでくださったのは、伝統的な和型デザインのお墓。

このお墓と外柵を、今の土台に乗せたシミュレーションのCG画像をつくり、
そちらをもとにお客さまと打ち合わせをさせていただきました。

さっそく工事です。
既存の基礎に合わせて、石を加工し、組み上げていきます。
塗ってあるものはモルタルです。

外柵には中国産の白御影石「G623」を使いました。

次回はこの続きをご覧ください。

「お墓を建てたいけれど、どんなお風にしたらいいんだろう。さっぱりイメージ湧かないな」
こんな時には、まずはつくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場を覗いてみませんか?
お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富ですし、墓石には価格を表示しておりますので、安心して検討いただけます。

ご来場の際には、ご案内をお待たせしたりすることのないよう、ぜひお電話でご予約ください。
当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、つくば市、取手市、下妻市、守谷市、坂東市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

 

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店