外柵をつけて印象一変!「G623」を使ったリフォーム-1

こんにちは♪
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

今回は、これまでの墓石は残しつつ、
新しい墓石と外柵を加えるリフォームをなさったケースをご紹介いたします。
まずは工事前と後とを見比べていただきましょう。

【ビフォア】

【アフター】

あれっ、別なお墓? って思っちゃいますよね。リフォーム大成功です^^

お墓の外回りである外柵。
必要あるの? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
あるとなしでは印象が大違い。

墓前にひざまずける、バッグなどを起きやすい、雨上がりの足元が汚れにくいなど、
お墓参りのしやすさも変わります。

ご施主である貝塚さまとの打ち合わせは、
新しいお墓を建てる位置を確認するところから始まりました。

デザイン案です。
こちらはつくばみらい市にある当店の展示場でお選びいただいた和型の墓石を中央に、
既存の2つの墓石を左右に配置したもの。

現地の画像と合成するとこんな感じです。

こちらは灯篭のある、より和のイメージを強めた外柵のご提案。

最終的に決まったのはこちらのデザイン。
上の2つ案のそれぞれのよさを合わせた感じです。

次回から工事の模様をお届けします。

洋型、和型、デザイン墓石と、どんなデザインのお墓も
ご相談は、伝統と信頼を誇る山崎石材店へどうぞ。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣のつくば市、下妻市、守谷市、取手市、坂東市にお住いの皆さまからのご連絡もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店