外柵をつけて印象一変!「G623」を使ったリフォーム-2

こんにちは、お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

これまでのふたつの墓石は残し、新たに中央に据える墓石と外柵を加えられるリフォームは、
デザインも決まり、工事の段階へと移りました。

まずはこれまでのお墓からお骨を取り出します。

墓石も一旦取り外し、別な場所へ移動。
基礎部分を解体します。

更地になりました。

地面を一定の深さまで掘り下げたら、割栗石を敷き詰めます

ここに上から圧力をかけて強い地盤にしていく「締固め」の工程です。

今回のカロート(納骨室)は2段式で、基礎と一体化しているタイプ。

カロートの周囲に生コンクリートを流す前に、
まずは鉄筋を組みます。

生コンクリートを打設しました。

温度、湿度を管理しながら、しばらく養生させて強度を十分に引き出します。

山崎石材店ではこのようなお墓のリフォームも得意といたしております。
お墓に関するご不便やお困り事がございましたら、まずはご連絡ください。

当店の地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店