印度産OG-7で造った神道と仏教の両家墓-4

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

両家墓の工事はお墓の中心である石塔の建て上げ工事へと進みました。

今回こちらの部分に使用した石材は、印度産の「OG-7」。
ほどよい光沢の高級石材ですが、
石の目にばらつきがあるため、良材を確保するには気を遣いました。

このように、今回一番時間をかけたのは原石の確保と石の選定です。
選定の際には、いろいろな種類の石を検討しました。
同じ名前、同じ価格の石でも、ブロックごとに色合いや目合いが異なるので、
大量のサンプルを取り寄せてお客さまに何度も見ていただいたり、
ほかのお墓で実際に使用した写真とも比較しながらの打ち合わせを繰り返しました。

石を積み上げる際には、格段に、震度7クラスの地震に耐える耐震GELパッドを施工しています。

こちらは納骨室周りです。

完成しました!
墓前は平らに見えますが、緩やかな水勾配がついています。

今回のケースは両家墓で、かつ仏教と神道ですので、
機能的にもお花を上げる仏式と榊をあげる神式という違いがあります。
そこをデザインで統一感を出せるようにしました。

墓石にはデザイン墓石のブランド「カーサメモリア」の「YUKA」を使用。
モダンですっきりとした印象になりました。

左右の墓石を見比べていただくと、
右側の神式には花立が2つあることことがお分かりいただけるかと思います。
一つは榊をあげるためのもの。また香炉は左側にしかありません。香炉のあるなしなど、
少しずつ違いがあることがお分かりいただけるかと思います。

後日、建碑式(浄土真宗では、開眼法要をこう呼ぶ場合があります)が執り行われました。
完成したお墓について、お客さまや周囲の方から「バッチリ。完璧」との声を頂戴し、
私どももありがたい限りです。

洋型、和型、デザイン墓石と、どんなデザインのお墓も
ご相談は、伝統と信頼を誇る山崎石材店へどうぞ。
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、初めての方でも気軽に検討できると好評です。

ご来場の際は、ぜひお電話でご予約を。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

—————————————–
概要
墓石・外柵:OG-7(印度産)×ZM(印度産)
カーサメモリア YUKA
広さ:間口 3m  奥行 3m  面積 約9㎡
装飾品や加工など:法名碑・花立・香炉
完成までの期間:3か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店