カーサメモリア「Yuka」を印度産のアーバングレーとM10で-3

いかがお過ごしでしょうか? お墓の専門家、茨城県常総市の山崎石材店です。

コンクリート基礎が完成しましたので、その上に下回りの石を建てていきます。
コンクリートに金属製のアンカー(下の画像の右側に見えています)を埋め込み、
そこにさらにモルタルを敷いてから石を載せていきます。

石と石との接合面には墓石用の強力な接着剤とコーキング剤を併用しています。

これを繰り返し、フレームを作っていきます。

中央の空間はお骨を納めるカロート(納骨室)になります。

カロートの壁部分の横の空間には、コンクリートブロックのほか砂利も設置。
しっかりした構造にしています。

こちらはベンチ。座面の石をこれからはめ込みます。

こちらのお墓には二種類の石材を使用していますが、
墓前の床などに使っているややグリーンがかった灰色の石は印度産の御影石「アーバングレー」。
硬度が高く、吸水率が低いため、優れた耐久性があります。
今回のようなデザイン簿墓石だけでなく、
和型墓石にも洋型墓石にも合う「アーバングレー」で立てたお墓の例は、
こちらこちらでもご覧いただけます。

次回はいよいよ石塔の建て上げ工事をお目にかけます。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店は江戸時代から地元に親しまれ、
市役所のモニュメントや名刹の建造物もご依頼いただいております。
どうぞ安心してお任せくださいませ。

弊社は地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、茨城県内全域を基本対応エリアといたしておりますが、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県の柏市や松戸市、埼玉県の川口市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店