従来の墓石を生かして美しく T家墓所改修工事

山崎石材店では、お墓の改修工事の際には古くてもまだ使用に耐える墓石があれば、

できるだけ残してリフォーム後も活用することをお勧めいたしております。

すべてを新しくするのも気持ちがいいものですが、
愛着のある古い墓石を残し、そこに込められた先人の思いを生かすというのも

素晴らしいことだと考えるからです。

そうした例として、今回はT家の墓所改修工事の模様をご紹介します。

【作業前の墓所の様子(画面中央)】
今回はこの小松石系統の墓石をメインにして残し、
五輪塔と灯篭を新設して外柵を施工する、
下の画像のリフォームデザインをご提案いたしました。
完成イメージをより正確につかんでいただけるよう、お墓工事に先駆けて、Tさまには最初の現地写真にパースを重ねて合成したCGもお目にかけています。
【完成予想CG】
従来の墓誌は向きを変えて手前に移動させ、
いくつかの古い石碑はバランス良く並び替えるお墓のデザインとしました。
新しく設ける五輪塔は、高さが隣の本碑を超えないように9寸玉でご提案いたしました。
 いよいよ、改修工事が始まりました。
まずは既存の古い墓石をすべて撤去します。
次に行うのが「根掘り」という一定の深さまで土を掘り下げる作業。
これが済みましたら、「割栗石」と呼ばれる小石を敷き詰めます。
納骨室の下段部分を設置し、墓所を囲むようにコンクリート型枠を回しました。
次に鉄筋を配筋します。このようにお墓にもしっかり鉄筋が入っているんですよ。
生コンクリートを流して1週間の養生ののち、枠を外したところです。
さあ、上物の設置です。まずは囲いから据え付けていきます。
囲いができてきました。
囲いの四隅には、特注の3方向ダブル使用のステンレスコーナー金具を設置。
地震ほかの原因による石材のずれ防止に役立ちます。
コーナーの柱は耐震用ボンドで接着するのに加え、ステンレスピンでも補強。
しっかり固定しました。
納骨室の接合部もステンレスを入れて補強。
左右の納骨室が形になりました。
入り口から墓前までの石張りも完了。
古い墓石本体の組み上げです。
墓石には頑丈なステンレス心棒を入れ、免震施工となっています。
墓前灯篭にも、地震による倒壊防止のステンレス心棒を施工。
外柵への家紋や家名の文字入れも終わり、いよいよ完成です。
墓石の横の五重塔にさらしを巻いて、開眼法要に備えます。
ご親族が集まり、T家菩提寺のご住職による開眼法要が営まれました。
後日、お客さまからこんなうれしいお手紙を頂戴いたしました。
戦争で大変なご苦労をなさった亡きお父様が、
美しく生まれ変わった墓所で安らかに眠られることをお祈り申し上げます。
Tさま、ありがとうございました!
————————————————————————-
工事概要
墓石:既存の本小松石
石材:外柵G1218(中国産) 五輪塔・灯篭白御影石 G614-7(中国産)
広さ:間口 2.7m  奥行 4.7m  面積 約12.7㎡
装飾品や加工など:花立(既存石を活用して制作)・香炉(既存)・墓誌(既存)・塔婆立て
(ご依頼から完成までの期間: 2か月)
————————————————————————-
お墓の専門家からひとこと
敷地が広い墓地で、石材の使用量も多く、その分工程ごとにチェックすることが多く、細心の注意ですすめていきました。
無事にお引き渡しすることができてほっとしております。
(by 13代目 社長)

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店