お墓のリフォームで納骨室を広げ、お墓参りもしやすく

Iさまはこれまでのお墓の納骨スペースがいっぱいになってしまったため、リフォームを決意されました。
そこで弊社にて、墓所のデザインから石材制作、工事まで一気通貫して改修対応をさせていただきました。
まずは改修前のお墓の様子です。
現地での調査を踏まえ、当店からは以下のようなお墓のデザインをご提案いたしました。
墓石はこれまでのものを活用。
足元のスペースが確保されてお参りがしやすくなり、
かつ納骨室もこれまでより広く取ることができるリフォームです。
Iさまに墓所全体のデザイン、石材の配置、石種など十分ご納得いただき、工事を開始しました。
まずは、墓石を始め、基礎をすべて解体しました。
iPhone-2014.09.27-15.29.16.097
揃いのユニフォームの職人が削岩機を操り、
汗を流してコンクリート基盤を粉砕していきます。
お墓のありし地が、きれいな更地になりました。これで新しいお墓を作り始める準備完了です。
20141001_094536 (1)
二段式の基礎の一段目にとりかかります。まずは土台となる大きめの石を敷きます。
次いで二段目として、細かい石を敷き詰めます。
さらに、コンクリート製の納骨室を設置し、型枠を置き配筋して、生コンクリートを流します。
生コンクリートの打設が完了しました。
しっかりと墓所の基礎となるコンクリートを乾燥させた後で、まずは外柵を据え付け。
墓石や墓碑も配置し、完成しました。
大切なご遺骨が納骨室にゆったりと置けるようになり、I様にもご満足いただけました。
iPhone-2014.10.31-11.29.05.631
いいお墓は後ろ姿も決まってます!
——————————————————————
概要
墓石:既存のもの
石材:外柵G623(中国産)
広さ:間口 1.7m  奥行 2m  面積 約3.4㎡
装飾品や加工など:切出水鉢花立香炉一体型・塔婆立て
(ご依頼から完成までの期間:2か月)
——————————————————————
担当者からひとこと
今回のリフォームで足元が広くなり、お年寄りやお子さんにも
より安全にお参りしていただけるようになったかと思います。
古い墓石を生かしつつ、すっきりと今風のデザインに仕上がりました。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店