納得の墓石デザインで寿陵を建てる 「印度銀河」を使って

当店の展示会にご来場くださり、建墓をご相談になられた常総市のI様ご夫妻。

墓地はかなり前にお求め済みでしたが、これまで墓石はまだ早いのではとお考えだったとか。
しかし展示会で私どもとお話をさせていただくうちに、「寿陵」(生前に建てるお墓)を作ることを決心されました。

まずは現地を見せていただくことに。

【施工予定地】

iPhone-2015.05.15-10.28.07.586

現地では周囲のお墓も参考に、I様のお好みをうかがったり、お参りのしやすさなどをご相談。
帰社後に墓石のデザインを練りました。

今回当店からは、墓前が低いタイプの和型をご提案。
墓石の種類は長年おすすめさせていただいている「印度銀河」です。

【提案図面】
パースに起こした姿はこのようになりました。

I様_斜め I様_正面

I様から墓石のデザインへのOKのご返事をいただき、さぁ工事開始です。

まずは基礎工事。根堀りを行い、地面を約30cm掘り下げました。
new_pic (6)

納骨室の基礎を作ります。
雨で納骨室が水浸しになったりしないよう、水抜きも設けます。
new_pic (5)

砕石を入れてランマー(締固め機)で締め固めたところです。
new_pic (4)

型枠を作り、配筋しました。
new_pic (9)

生コンクリートを打設。
new_pic (7)

コーナーは、3方向ダブル仕様のステンレス金具で補強しています。
new_pic (12)

見えないところにもずれ止めの金具を施工。
new_pic (14)

今回の石の組み上げには、特性の異なる2種の接着材を使用しました。
thumbnail

だいぶお墓の形が見えてきました。
new_pic (3)

そして、完成です。
「印度銀河」の青みがかった色合いと光沢が美しいお墓になりました。
iPhone-2015.07.05-10.47.05.799

開眼法要は、梅雨時期ということもありあいにくの雨となりましたが、対策としてテントをご用意し、つつがなく終えることができました。

iPhone-2015.07.05-10.35.08.000

iPhone-2015.07.05-09.56.15.835

寿陵の良いところは、お墓のデザイン、墓石の種類などを細かい所まで自分の納得がいくものにできるところです。
I様も納品後のアンケートに、「子供達も立派なお墓ができたねと喜んでくれ、私達もこれで一安心です」と感想をお書きくださいました。

I様アンケート回答

山崎石材店では、地元常総市や近隣のつくば市等に限らず、
茨城県内全域が対応エリアとなります(また、千葉県北西部の松戸など、埼玉県東部の川口など、東京23区都心部なども事情によって対応可能です)。

伝統的な和型の墓石からデザイン墓石、地震に強いお墓まで、
墓石・お墓のことなら、どんなことでもお気軽に当店へご相談ください。

————————————————
概要
墓石:銀河(インド産)
石材:外柵G1218(中国産)
広さ:間口 1.9m  奥行 2.4m  面積 約5㎡
装飾品や加工など:花立・香炉・墓誌・物置台
(ご依頼から完成までの期間:2か月)
———————————————–

担当者からひとこと
『墓石を建てるのは(夫婦の)どちらか1人になった時で良いかなと話し合っていましたが、山崎石屋さんの広告を見て、見るだけでも…と思って行きました』
『とても感じのいい対応をして頂き、すぐに話がまとまり、(中略)無事開眼供養を済ませることが出来ました』とI様。
建墓のタイミングは人それぞれですが、当店との出会いを喜んでいただけて幸いです。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店


The following two tabs change content below.

yamada