コンクリートに気をつかいます 夏の墓所工事の勘どころ

こんにちは。 墓石・お墓の専門家、 茨城県の山崎石材店です。
まだまだ暑い日が続きますね。本日はそんな夏ならではのお話を。

夏は温度が高いため、基礎工事で用いるコンクリートには特別な対応が必要です。
熱の影響を受けると強度が出ないからです。

早朝から照り付ける陽射しの下、工事はいつものように根切の作業からスタート。
0811-2

墓所の地盤作りのために砕石を敷きました。
0811-3

石を転圧機械で締め固め、密度をギュッと高めました。
0811-4

型枠を作り、配筋。ここで日に照らされ熱くなっている地面に水を撒き、温度を下げます。
0811-5

コンクリートを打設しました。
特に、初期の段階で高温にさらされないように、ある程度固まったら水をかけたり、カバーをかけて養生します。
0811-6

上物の設置も終わり、無事K家のお墓が完成いたしました。
0811-1

————————————————
概要

墓石:中国SPI(中国産)
外柵:G688(中国産)
広さ:間口 1.5m  奥行 1.5m  面積 約2.3㎡
装飾品や加工など:香炉・墓誌・塔婆立
(ご依頼から完成までの期間:3か月)
————————————————

担当者からひとこと

この季節、農家や配達の方々同様、当店の職人たちも暑い中で作業に汗を流しています。いずれも体力には自信のある面々ですが、一日が無事に終わるとやはりホッといたします。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店