インド産黒御影石「PON」を使った縦長のお墓-1

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

本日ご紹介いたしますのは、個性が際立つこのお墓です。

【施工後のお墓の様子】
1218

インド産の黒御影石「PON」を使った、縦長の石塔がシャープな印象。
白っぽい石材とのツートーンがモダンな雰囲気です。
外柵には主に石目が美しい茨城県笠間市産の石材「稲田石」を使用しています。

そしてこちらが、施工前の墓所の様子です。

1218-14

施工主であるTさまへのご提案は、以下のプランから始まりました

【初回ご提案時のお墓のCGパース】
1218-2

裏側から見たところです。

1218-3

しかし打ち合わせの際にTさまのご意見を伺いますと、「もっと細くしたい」、「黒い石材がいい」とのお話。
それではと、2回目の打ち合わせでは以下のようなお墓のデザインをお目にかけました。
墓誌や香炉などの違いにご注目ください。

1218-4

1218-5

1218-6

【墓地現地の画像と合成したCG】
1218-7

1218-8

明日は最終的に決定したプランをお目にかけます。
<インド産黒御影石「PON」を使った縦長のお墓-2>に続きます。

◆創業260年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。
report
こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店