カラーブロックの囲いで明るい印象になったお墓のリフォーム

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

今回ご紹介する現場は、このように田んぼに囲まれた墓地です。

【施工前のお墓の様子】
0109

春になると水が入り工事ができなくなるので、田んぼが乾いている状態を待ってお墓の施工することになりました。

こちらの墓石は昭和58年に当社で施工させていただいたものです。
当時は納骨スペース(カロート)ではなく敷地内に埋葬していましたが、今回は骨壺を納めるための納骨スペースを新設するとともに、全体をリフォームさせていただきます。

0109-4

【ご提案時のお墓のCGパース】
0109-2

0109-3

ここからはお墓工事の模様です。
まずは墓石と基礎を取り外します。

0109-5

基礎工事です。

0109-6

納骨スペースの部分は深く掘り下げます

0109-7

続いて、囲いのブロックの基礎を延長します。もとのコンクリートは強度が十分なので、そのまま使用します。

0109-8

0109-9

納骨スペースは基礎と一体型。枠を組んで鉄筋を入れます。

0109-10

石を組んで、お地蔵様ももとの場所に設置。

0109-11

お墓の囲いにはカラーブロックを使用して、明るい印象になりました。

0109-12

山崎石材店ではこのようなお墓のリフォームも得意といたしております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話くださいませ。

 

◆創業260年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。
report
こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店