お墓に外柵をつけるリフォーム-2

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

ふたつの石塔の配置、柵のデザインともに決まりましたので、
今回から工事に入ります。
まずは今ある石を取り外して更地にするところから。

基礎をやり直すために、割栗石を敷き詰めました。

ここに砕石をさらに投入して、ランマー(締固め機)で圧力をかけ、締固めます。

型枠を組んで、鉄筋を背筋しました。
鉄筋はD13という、住宅の基礎などにも用いられる太いタイプを使用しています。

生コンクリートを流し込みました。
丸い筒のようなものは水抜き穴用です。
これからしばらく湿度を保ちつつ養生し、コンクリートの強度を引き出します。

次回は石の組み上げをご覧ください。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしたらいいんだろう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店