墓石がなかった墓所のリフォーム工事-3

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

今回のリフォーム工事で、お墓の下回りに使用したのは、
中国・福建省産の白御影石「G623」。
こうした用途にとても人気のある石材です。

基礎の上に置く石材は、アンカー金具やモルタルで基礎と石とをしっかり固定。
石と石とが接する面には、石用の強力接着剤やコーキング材を使っています。

外から見えないところには、隠し金具(ここでは半月状に見えています)を接着剤と共に使用。

カロート(納骨室)の壁に当たる部分にも、十字型に金具を入れてしっかりと固定しています。

カロート(納骨室)の横のスペースは、これから張り石を行う部分。
コンクリートや小石を入れて、長年の間にぐらついたりすることのないよう、下地をつくっています。

下回りがかなりできました。

お墓の中心である石塔を積む際には、耐震GELシート(ひらべった黒い四角)を使用。
揺れにショックアブソーバーとして作用し、
地震からお墓を守ってくれます。

完成しました! 石塔に使用したのは中国産白御影石の「G1218」です。

その後、開眼法要をつつがなくすませることができました。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

弊社は地元・常総市、つくばみらい市(展示場)をはじめとした茨城県内全域を基本的な対応エリアといたしております。

しかし、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県の川口市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

—————————————–
概要
墓石:G1218(中国産)
外柵:G623(中国産)
広さ:間口 1.8m  奥行 2.6m  面積 約4.7㎡
装飾品や加工など:花立・香炉・塔婆建
完成までの期間:2か月
—————————————–


◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。
report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店


The following two tabs change content below.