印度産M10でお墓の建て直し-3

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

お墓の基礎工事は、コンクリート打設へと進みました。
コンクリートの中から手前で顔を覗かせているのは、
水抜き用の穴を設けるための紙筒です。

しばらく養生させ、コンクリートの強度を十分引き出したところで、型枠を外しました。
これで基礎工事は終了。
次の外柵の石組へと作業が進みます。

これからこのコンクリートの上に石を乗せていきます。
その固定のために、金属のアンカーを基礎に打ち込みました。

モルタルも敷いて、そこに穴を開けた石を設置していきます。

石と石が接する面には、墓用の接着剤とコーキング剤を併用しています。
まだお墓の周囲にぐるりと石を建てただけですが、
早くもお墓の雰囲気が出てきましたね。

どんどん進めていきましょう。

下の画像はカロート(納骨室)です。
こちらで使用しているコンクリートは、こんな金具でがっちり止めています。

カロート両脇の空間には、コンクリートブロックや石をきっちり詰めて、
衝撃に強い構造にしました。

外柵が7割方できました。

上の画像でブルーシートを置いてあるところがカロート(納骨室)です。

納骨室の上に、石塔の土台となる石を載せました。

次回はこの続きをお目にかけます。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
「うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないな」
そんな時には、まずは当店へご相談ください

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店