「しっかりした家」としての墓参り。ご感想

 

こんにちは。山崎石材店です。

このたび、下記のようなブログを投稿しました。

「しっかりした家」のイメージとしての墓参り

 

お墓参りをする人は、不思議と「しっかりした家の人」と思われがち。

なぜだろう?ということを掘り下げた記事です。

この記事に対して、4名の方からご感想をいただきました。

よかったら、ご感想を読んでみてくださいね。

 

  • Cさん「墓を守るって何から・・・?」

私の家は、富山県の散居村のおうちなんですが、家族みんな、お経が全部読める

実家に帰ってきたらまず仏壇に行ってお参りおみやげをもらったらまず仏壇の横置く

炊きたてのごはんを盛って仏壇に置く…とかやってるけど。

 

(わたし、母方のおばあちゃんの名字は知りません)

 

田舎の長女だったわたし、5歳の頃から「墓を守れ」と言われてきて生きてきました。

いったいなにから墓を守ればいいのか未だにわかりません。墓を守るというのは、家を継ぐことの暗喩なのか。雑草をむしれということなのか。ピラミッドじゃあるまいし墓泥棒なんてこないしなあ。

 

  • Nさん「お墓を大切にする夫を大切にしたい」

 

お正月、お彼岸、節目のときに必ずお墓参りをしに行っていた家に育った私にとって、とても興味深い内容でした!親の姿を見て、自然と私もお墓参りをしなければと思うようになりました。育った環境が影響するのかもと感じました。

 

でも、今の夫と結婚して「うちのお墓参りは特にしなくてもいいよ」と言われたんですね。それがびっくりで仕方なく。お墓が目と鼻の先の距離にあるにも関わらず・・・です。これも価値観の違い、、なのでしょうか。(田舎のお墓なので、虫や山蛭が多いから無理に行かなくてもいいよということなのかもしれないですが)

 

田舎でややこしいからいろいろ簡素化していこうという雰囲気は義父母からも感じます。長男の嫁である私を気遣ってくれているのかもしれないですね。。でもこどもたちにはお墓参りの大切さは伝えていきたいので、今は年に2回ほど、私が促して家族そろってお墓に行くようにはしています。なぜか義祖母にはすごく感謝されます・・・私にとっては自然のことなのですが・・・

 

  • Sさん「たしかに、お墓参りを欠かさない知人はきちんとしています」

 

(しっかりした家のイメージは)たしかにそうだなと感じました。お墓参りする人は、

 

・きちんとした家の人でやさしそう

・祖先を敬うので家族になったら大切にしてくれそう

・地に足がついていそうで安定感があるから生活力がありそう

・生き抜く力が強そう

 

という、いいメージが大きいですね。お墓参りを欠かさない知り合いもそうでした。二人ともやさしくキチンとしていました。

 

その反面、相手が長男であれば一緒にお墓を守るのは責任感が重そうだなと思ってしまいます。昔ながらの家を守る、お墓を相続して次の世代に手渡す、結婚したら嫁と呼ばれてガマンが必要のような負の面です。

 

ただ、これは住んでいる場所によるので、都会では全く関係ないかもしれませんね。長男、次男、長女、次女、そのほか立場によって感じ方は変わるんでしょう。

 

(「しっかりした家のきちんとした夫は兄弟仲があまりよくない」は、なんだかホッとしました。これで家族全員なかよしだとおとぎ話だなと思ったので。)

 

  • Aさん「実際の墓参りはとても大変」

 

お墓参りをする人=「しっかりした人」という見解に共感をしました。「ご先祖を大事にする=自分の身近にいる人を大事にする」という印象を私も抱きます。

 

なぜなら「人の死を弔う」ことは道徳的に綺麗なことですが、実際に行い続けるのには骨が折れる側面もあるためです。

 

具体的にはお墓は管理をするのに労力を使います。それに多くの場合ある程度遠方まで行く必要があるため、その点においても労力や手間がかかります。

 

私の家族も毎年お墓参りに行っていますが、やはり時間と労力がかかります。毎年お盆に山口県から島根県の山奥までお墓参りに行きます。数百キロの道のりのため、2時間程度かかります。その場についたのちは、十数分の掃除とお参りをして、帰路をたどります。

 

お墓参りの手間や苦労は世帯ごとに千差万別かと思いますが、一般論として、気軽にお参りにいけないことの方が多いと思います。

 

そういった手間を惜しまずに、率先して弔いに行く気持ちがある人は、人を大切にできる人なのだと思います。実際、私の家族も身近な人を大切にしている印象があります。

 

お墓参りは死者を弔う役目を果たしているだけでなく、副次的に、弔いにくる人の人間性を映し出す要素も持っているという考え方が学びになりました。

 

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

石塔の奥に10基のお墓が並ぶ外柵のリフォーム-6

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニングまで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

外柵を新しく設けるリフォームは、下回りがだいぶできてきました。

人が歩く所へも石張りができました。

他の場所に移しておいた石塔を現場に戻し、これから組み上げていきます。
カロート(納骨室)の上に、まず石塔の土台となる石を置きました。

墓石用の接着剤にコーキング剤、それに耐震性のあるGELシートを使用して組み上げます。

ここでも水準器できちんと設置できているかを確認します。

石塔の後ろに並んでいた古いお墓も、もとの並びで組みなおします。

これでさらに永くお参りしていただけますね。

新しい 灯篭、塔婆立、香炉なども設置してついに完成です! いい感じにまとまりました。

工事前の様子と、ぜひ見比べてみてくださいね。

皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓を建てられませんか?

当店は創業から270余年。先進の技術やデザイン感覚を取り入れつつ、価格、サービスともに地域に信頼される石材店として営業いたしております。
ぜひ一度、つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にお越しくださいませ。

ご来場の際は、お待たせすることのないよう、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市ほかからのご連絡もお待ちいたしております。

—————————————–
概要
外柵の石種:G88(中国産)
広さ:間口 3.6m  奥行 7.2m  面積 約26㎡
装飾品や加工など:塔婆立、香炉、灯篭
完成までの期間:2か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

石塔の奥に10基のお墓が並ぶ外柵のリフォーム-5

いつもありがとうございます。「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

養生の期間が終わり、基礎のコンクリートが固まったら、
板枠を外して、外柵の組み立て工事に入りましょう。

石のぐらつきを防ぐため、コンクリート基礎にドリルで穴を開け、
腐食に強いステンレスのアンカーを打ち込み、そこに穴を開けた石を設置していきます。

砂状のものは接着のためのモルタルです。

石の移動には小型クレーンを使っています。

外柵に使用した石材は、中国産のライトグレーの御影石「G88」です。
今回の現場のダークな色の石塔とも、「G88」はよく調和するかと思います。

黄色い棒状のものは、平らに石がはれているかを確認するための水準器。
安全で長持ちするお墓を作るために、こうした工事の際には欠かせません。

これからここに石をはっていきます。

下地を造った上で、ひしゃくでコンクリートを流し込みます。
この時石の板を運ぶには、強力な吸盤のついたハンドルを使っています。

できました!

次回は別な場所に移動させていた石塔をお墓に戻します。
たくさんの小型墓石がきれいに新しい外柵におさまるかにもご注目ください^^
お墓は家族の絆の象徴です。
改修や建て替えをされたことで、心まで落ち着いたとおっしゃる方も少なくありません。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしよう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております♪

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

”樹木葬”ってどうなの?にご感想をいただきました。

こんにちは。山崎石材店です。

樹木葬について、ある種の誤解があるな~と以前より感じておりました。

樹木葬の誤解に、プロが答える

 

そして、樹木葬について書かせてもらったのが、上記のブログ記事です。

すると、ありがたいことに4名の方からご感想をいただきましたので、今回はそれをご紹介します。

 

 

Nさん(30代女性)

実際の樹木葬がわからない分ロマンが先行してしまい、もし実行しようとしたら残された人に逆に大きな迷惑をかけてしまうのだなあと思いもつきませんでした。

 

「ひとりでは死ねない」という核となるメッセージが、ぐさっと刺さりました。

死んだら誰かに必ずお世話にならなければいけない。

そして、お墓は遺族の故人への心の行きどころをつくる大切な役割を担っているという側面に、なるほどと思うことばかりでした。

 

手を合わせること、疑問も思わず自然にやっていますが、故人と心でつながる静かで大切な時間ですね。

 

墓石の管理にばかりに目がいきがちですが、精神的な部分を考えるきっかけになりました。

 

Aさん(30代女性)

 

昔、石原慎太郎氏か裕次郎氏が、「俺が死んだら、海に散骨してくれ」と、言ったとか言わないとかという話があったことを思い出しました。

そしてその話では、海に撒くといっても、好きには出来ないから、それは出来ないという話だったと記憶しております。

 

そして、夫のご先祖様のお墓も合同でお寺に入れていただいており、「お墓ってこれからどうなるのかなあ」と、若いながらも夫と話をしているA家です。

 

さいごに。のところで、「そうそうそうそうそうそうそうそう!!!」と、ひざを打ちました。

 

お墓について否定的な人は、自分が先祖のお墓参りやお墓の世話が大変で、(中にはそのことで親族内でもめた人もいて)その思いを後世にはさせたくないから、否定的なんだと私は思っています。

 

だから、「樹木葬したい」って人の本音って、「後腐れなく、迷惑かけずがいい」って言っている感じなのかなと感じました。しかもなんだか響きがカッコイイですし。

 

しかし、記事を読んで、「考えたら樹木葬めちゃくちゃ大変やん!」って気づきました。

なぜなら、我が実家の生け垣の手入れすら、めちゃくちゃ大変やからです。

 

実家や私の前の嫁ぎ先では、山も持っていますが、隣の山、土地との境界線を作ったのにわからんくなっているとか、よその人が木を切ってしもたとか、大変なことがしょっちゅうです。

 

山や木ってことは、自然が相手やから、人間の思うままにいかないんやって記事によって気づきました。

 

でも、山や生け垣に触れている私ですらそうなので、都会の人はそこらへんをわかっていないとおもいます。

 

そもそも、昔、山だらけの時に、これじゃいかんってことでわざわざ出来たのがお墓なんですから、山でいいなら山のなかに骨を入れて終わっていたはずですよねえ。

 

樹木葬の現実を知れば、自分の潜在的欲求である、「後腐れなく、迷惑かけずがいい」っていう望みとはかけ離れているってわかるので、現実を知るのは大事やなあと感じました。

 

ちなみに、私が夫と結婚したのにはお墓も関係あるんです。

夫はお墓参りとかちゃんとせなってひとで、結婚するとかなった時に、「墓前に挨拶いかなきゃ。」みたいな人なので結婚を決めました。

 

私は、昔、結構そういうのに否定的だったのですが、それからは私もお墓って大切だなと思うようになったのです。

 

樹木葬やりたいひとの潜在的欲求は、「迷惑かけず、後腐れなく、しかも、孤独っぽくない感じがいい」ってことなんじゃないかと思って。

それが叶うなら絶対お墓がいいやんって感じました。

 

樹木葬やりたいっていうのと、「老後は田舎ぐらしして、畑でもやりたい」ってのとって、少し似ている気がします。イメージ先行で、現実が見えていないという部分で。

 

だから、こんな記事が読めたらみんなちゃんと考えると思うし、少なくとも私は、「あ、ほんまやん、樹木葬めちゃくちゃ大変や」と確実に気づきました。

 

そして、記事にあるように、みんなほんまは、つながり続けたいし寂しいと思います。でも面と向かって言えないから、「樹木葬して、木になったらええわ」みたいに言ってしまうのかもしれないです。

 

なんか、お墓っていいなって思っちゃいました。

 

Rさん(20代男性)

 

この記事を読むまでは、自分が数十年後死んでしまった際には、樹木葬にしようと考えていました。私は20代ですので、正直なところ本格的に埋葬形式について考えたことはありません。しかし、以前テレビで「樹木葬が人気」と簡易的に取り上げられているのを見た際に、樹木葬について興味を持ちました。

 

その番組では「自然に包まれて眠れる」といった紹介がされていました。私はそのコンセプトに惹かれました。なぜなら、幼いころから田舎住まいであり、自然のふもとで育ってきました。

 

子供時代には遊ぶ際には、山奥のふもとで昆虫採集をしたり、探索をしたりしていました。学生時代の部活動も山に囲まれたグラウンドで毎日取り組んでいました。そういった経緯もあり、直観的にそのコンセプトに惹かれて、「将来的には、樹木葬かな?」と感じていました。

 

ただし、この記事を読んで、ネガティブな側面にも目を向けたところ、考え直すきっかけとなりました。なぜなら、樹木葬のデメリットを軽視していることに気付いたためです。自宅周辺の山奥にそのまま埋葬するイメージでしたが、実際には法律的問題、土地の問題、お金の問題、手間の問題などがあり、イメージとは裏腹に様々な問題点があることに気付けました。

 

また墓石のメリットとして挙げられた「お墓に手をあわせるという行為が、弔いについての納得感を与えてくれる」「死ぬことにおいても、人とのつながりが大事である」という言葉が、樹木葬や散骨にはない墓石ならではの価値を表していると感じました。

 

毎年お盆に家族でお墓参りに行き、墓石の前で手を合わせています。その瞬間は一瞬ですが、毎度形容しがたい気持ちに包まれます。その気持ちこそが墓石ならでの価値なのではないかと感じました。

 

世間では、年々、経済的に苦しい家庭が増加しており、宗教観が薄れつつあります。そういった事情から墓石ではなく、費用も手間もかからず・自然に包まれる”イメージのある”樹木葬や散骨が注目をあびてきているようです。

 

ただし私のように、良い側面にばかり目が向いてネガティブな側面、現実的な問題は知らない方や、墓石ならではの価値を知らない方にとって、今回の情報が大変勉強になるのではないかと感じました。

Sさん(50代女性)

 

樹木葬はそんなに簡単でない、むしろ難しいというのがよくわかりました。もっと身近な場所にお寺や市町村が管理する樹木葬墓地があると思っていましたが少ないんですね。記事のように私有地の山や雑木林にお灰をまけばいいと考える人がいるのかと驚きです。

 

「お墓は、先祖のためのようにみえて、残された人のためのものでもあるんです」はまさに実感しています。管理するのもお参りするのも残された家族。お盆やお彼岸、お正月に先祖のお墓にお参りすると厳かな気持になり落ち着きます。友人のお墓参りでも話しかけながら安らぐので、お墓は残された人のためのものだと感じます。

 

お墓は本人だけの希望よりも亡くなった後に家族としてどんなお参りをしていきたいのかが問われそうですね。

 

最後に

ありがとうございました!

樹木葬についての誤解が解けるばかりか、少し考えるヒントになって本当に良かったです。

これからも、お墓だけでなく、生きることと死ぬことについても、配信していきたく思いますので、どうかお楽しみに!

また、メルマガもやっておりますので、よろしければ。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、つくば市、取手市、下妻市、守谷市、坂東市などからのご連絡もお待ちいたしております。

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

石塔の奥に10基のお墓が並ぶ外柵のリフォーム-4

お元気ですか。
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

外柵のリフォーム工事は、新しい基礎を造る段階に入りました。
地面を一定の深さに掘り下げたら砕石を投入してランマーで上から転圧。
密度の高い、硬い地面にします。

さらに中央の納骨室部分の地面を掘り下げて、こちらにも転圧。

ここにコンクリートでできた新しいカロート(納骨室)を設置します。

生コンクリートを流し込むための型枠も設置します。

鉄筋も配筋すれば準備完了。

生コンを流しました。

これから数日間、温度と湿度を管理しつつ養生させて、コンクリートの強度を引き出します。

「お墓を建てたいけれど、どんなお墓にしたらいいんだろう。さっぱりイメージ湧かないな」
こんな時には、まずはつくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場を覗いてみませんか?
お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富ですし、墓石には価格を表示しておりますので、安心して検討いただけます。

ご来場の際には、ご案内をお待たせしたりすることのないように、ぜひお電話でご予約くださいませ。
当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、つくば市、取手市、下妻市、守谷市、坂東市などからのご連絡もお待ちいたしております。
◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

石塔の奥に10基のお墓が並ぶ外柵のリフォーム-3

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

外柵や灯篭を設置するリフォーム工事は、
上物の石をすべて取り去ったので、古い基礎の解体へと進みます。

これはカロート(納骨室)のコンクリートを、ドリルで崩しているところ。

最後は、小型のユンボで地面に埋まった部分を掘り起こして撤去します。

カロートを撤去した穴を埋めてならしました。

一気に新しい基礎の下地を造っていきましょう。

これから地面を一定の深さになるよう掘っていきますよ~!

だいぶいい感じになってきました。

この作業を「根切り」と言います。

次回も工事の続きをお目にかけます。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店は、それぞれの墓所の状況に合わせた基礎工事を行うことはもちろん、
地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。
◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

石塔の奥に10基のお墓が並ぶ外柵のリフォーム-2

こんにちは♪
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

石塔の奥に、たくさんの小型のお墓が並んだ墓所のリフォーム、
4つめの外柵のデザイン案を見ていただきましょう。

墓前の真正面を通路として低くし、
その左右は一段高くして灯篭も設置するものです。

墓所の広さを生かしたデザインですね。和型墓石と相性ばっちりです。
お客さまからもこちらでゴーサインが出ました^^

無事デザインが決まり、お墓のリフォーム工事が始まりました。

いったん既存の墓石はすべて取り外し、他の場所へ移します。
大事なものですので、慎重に作業を進めていきます。

どの場所にどの墓石があったのか、間違わないようにしなければなりません。

カロート(納骨室)に納めてあったお骨もすべて取り出しました。

これまでの墓石の移動が完了しました。

次回もこの続きをご覧ください。

洋型、和型、デザイン墓石と、どんなデザインのお墓も、
新規建立やリフォームのご相談は山崎石材店へどうぞ。

山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、気軽に検討できると好評です。

ご来場の際は、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

石塔の奥に10基のお墓が並ぶ外柵のリフォーム-1

こんにちは、お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

今日ご紹介するのはこちらのお墓のリフォーム工事です。

新しめの石塔の後ろに、長い年月を経てきた小型のお墓が10基あります。
こんなにたくさん並んでいるのも珍しいですね。

今回はこちらのお墓に新しく外柵を設けるリフォームを行います。

お墓の外柵って何? と思われる方もおられるかもしれませんね。
外柵とは、文字通り他のお墓との境界線となる柵のほか、
墓石を囲む下回りの部分全体を指す言葉です。

ですから下のデザイン案のように、柵がない場合にも外柵なのです。
客さまは古いお墓をこれからも大切になさりたいとお考えですので、
そちらも含めての検討となりました。

上のデザイン案を現場の画像と合成したものがこちらです。

こちらは墓前をできるだけフラットにしたデザイン案です。

墓所の大きさを感じさせますね。

石塔のあるエリアを、その奥の小型のお墓が並んだエリアよりも
一段高くするデザインも提案させていただきました。

奥がスッキリ見えて、こちらも魅力ある外柵のデザインです。

お客さまにはこのほかにもお墓のデザインの提案をさせていただきました。
次回はまずそちらをご紹介いたしますね!

茨城県の皆さま! お墓のことなら新規の建立からリフォーム、部分的なプチリフォームまで、
経験豊富な当店におまかせください。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

 

 

 

 

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

コケ取りもしてスッキリ! 納骨室を新設するリフォーム-3

いかがお過ごしですか。お墓の専門家、茨城県常総市の山崎石材店です。

今回のリフォームでは、石塔のコケ取りもさせていただきました。
下の3つの画像は、同じ墓石の作業の前後での状態を比べたものです。
ずいぶんスッキリしましたよね。

山崎石材店のコケ取りは、高圧洗浄機+丁寧な手作業で行っております。
専用の薬剤を用いて、コケの再度の発生を防いでいることもポイントです。

いかがでしょうか?  墓石に刻まれた文字が読めるようになりましたね。

永年馴染まれた愛着のある墓石をお持ちでしたら、こんな方法で綺麗にすることもできますよ。
建て替えと合わせてご検討いただければと思います。

納骨室を新設し、墓石に苔取りクリーニングを行うリフォームが完成しました!

こちらも作業前の現場の様子を参考までに再掲しておきます。

お客さまは当店からのアンケートに、こんな感想を書いてくださいました。

この度はありがとうございました。
先祖代々の墓地のため古い墓石があり、以前から納骨式にしたかったのですが具体的な計画はできませんでしたが山崎さんにイメージをCGで見せていただき納得のいくリフォームができました。価格的にもアドバイスいただき満足しています。梅雨時期の工事にもかかわらず納期をきちんと守って頂き、お盆月前に納骨ができました。その他にも閉眼式の雨天用テント、開眼式準備納めなど心遣いに感謝しております。

お墓の仕上がりと同時に、納期やサービスにもご満足いただけたようで何よりです。
本多さま、ありがとうございました!!

茨城県の皆さま! お墓のことなら新規の建立からリフォーム、部分的なプチリフォームまで、当店におまかせください。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

コケ取りもしてスッキリ! 納骨室を新設するリフォーム-2

こんにちは♪
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

今回は石塔の前に、カロート(納骨室)を設置する穴を掘るところからご紹介しましょう。

均一な深さに掘ったら割栗石を投入します。

ここにランマー(転圧機)で強い圧力をかけ、地盤の密度を高めました。

カロートはコンクリート製。

カロートの設置が完了しました!
蓋の上には花立てや香炉を置いています。

次回もこの工事の続きをご覧ください。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店