二軒共同のお墓の片方を「M10」で新設-2

こんにちは!
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

二軒共同のお墓の片方を新設されたケースのご紹介は、
デザインが決まり工事に入りました。

こちらのカロート(納骨室)や塔婆立ては、すでにできていたものです。

墓石を積んでいきます。

使用した石材は、印度産の艶の良い御影石「M10」。
硬くて吸水性の低い良質な石です。
画像では黒に見えることもありますが、実際には白や緑が混ざった濃いグレーをしています。

「下蓮華」と呼ばれる部分の天面に敷いている、黒くて四角いシートは、「耐震GELパッド」。
わずか3ミリの厚さしかありませんが、高い衝撃吸収効果があり、地震対策として有効なものです。

「上蓮華」にも「耐震GELパッド」を施工します。

蓮華はお掃除が大変そうだということで敬遠されるお客さまもいらっしゃいますが、
実際には、ない場合と掃除の手間はそれほど変わりません。
仏様をお迎えする台座として、意味合いもお墓にふさわしいものですので、
今回はお客様におすすめいたしました。

色が濃く艶のよい「M10」のような石材で造った蓮華は、
現場に設置すると光がキラキラとしてとても素敵にできます。

お墓の向かって左の端には、亡くなられた方のお名前や没年月日を刻む墓誌を設置。

完成しました!

以前からあった右側のお墓も、
左側に新しいお墓が建ったことで一段とよく見えませんか。

お墓は家族の絆の象徴です。
改修や建て替えをされたことで、心まで落ち着いたとおっしゃる方も少なくありません。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしておりますので、どうぞお気軽にお電話ください。

—————————————–
概要
墓石:M10(印度産)
外柵:既存
広さ:間口 1.8m  奥行 1.5m  面積 約3㎡
装飾品や加工など:花立・香炉・墓誌
完成までの期間:2か月
—————————————–


◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。
report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

二軒共同のお墓の片方を「M10」で新設-1

こんにちは♪
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

本日ご紹介するお墓は、施工前はこんな様子でした。

こちらは、共同墓地にまずご親戚同士で共有の外柵(お墓の外回り)を造られ、
片方には当店をご利用いただいて先に墓石を建ててあったものです。

もう片方のお宅でも、そろそろ墓石をというお話になったとのことで、
当店へご依頼をいただきました。

そこで当店からご提案したのが以下のお墓のデザインです。

提案1 色が濃い洋型のお墓。

すっきりしたデザインの洋型墓石です。
現場の画像と合成すると以下のように。

提案2 地元茨城県産の「真壁小目石」を使ったお墓。

「真壁小目石」につきましては、こちらの記事をご参照ください。
提案1よりも高さを出すために、蓮の花の台座を追加しました。

墓前にお花を供えたときに文字の彫刻が隠れないよう、高さをシミュレーションして、
お客さまと相談の上で、一段、蓮華を追加して高さを出し、
大きなお花を供えても文字が見えるようにしています。

提案3 提案2デザインを黒っぽい石に変えたパターンです。

こちらで決定となりました。
図面で見ていただくと、
左側の新設するお墓のディテールがよくおわかりいただけるかと思います。

次回は工事の模様をお送りいたします。

「うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしよう?」
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

弊社は地元・常総市、つくばみらい市(展示場)をはじめとした茨城県内全域を基本的な対応エリアといたしておりますが、
責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県の川口市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

外柵のリフォームで印象一新!-5

こんにちは。茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

昭和40年代に建立されたというお墓のリフォームは、
いよいよ一時撤去していた石塔を戻す段階に。
実はこちらの石塔は工場で磨きなおしていたのです。
どうでしょうか、このピカピカ具合!

見た目だけでなく、積み重ねる際に一段ごとに耐震GELパッドを敷くことで、
これまでよりも安全度が向上しました。

石塔が積み上がりました。
まだカロートの入り口が見えていますね。

 

石塔の前に置く水鉢もすっきりときれいに!

石塔の後ろには、古くからの石塔も設置しました。

*

完成です!!

完成後にお客さまから、説明がわかりやすくてよかった、
仕上がりにも満足しているとのお声をいただきました。
ご期待にお応えできたことを嬉しく思っております。

皆さまも、リフォームでお墓の印象を変えてみませんか?
大がかりなものだけでなく、お墓のさまざまな不便を解消するちょっとしたリフォームや、
汚れやコケをきれいにするクリーニングのご依頼も承っています。

当店の地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、
ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話くださいませ。

—————————————–
概要
墓石:黒(既存)
外柵:G623(中国産)
広さ:間口 1.6m  奥行 2.4m  面積 約4㎡
装飾品や加工など:花立・香炉
完成までの期間:2か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

外柵のリフォームで印象一新!-4

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニングまで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

今回は石塔の下の箇所への、張り石の下地施工からご紹介。
下の画像は、中央のカロート(納骨室)を取り囲むように
コンクリートブロックを置いた状態です。

そのまわりの空間に砂利などを入れて、揺らがないしっかりした構造にします。

カロートの周囲に石を張ります。
雨や雪の際に水がたまらないように傾斜をつける「水勾配」をとっています。

張り石の下にはゆるくといたセメントを流し込んで、がたつきの発生を防いでいます。

張り石の作業が終わったら、次は玉垣を設置します。

上下の石は、要所要所にステンレスピンを入れてしっかり結合。

塔婆立ても設置しました。

次回は、最初に他の場所へ移動させた石塔がどうなったかをお伝えします。
お楽しみに~!

お墓は家族の絆の象徴です。
改修や建て替えをされたことで、心まで落ち着いたとおっしゃる方も少なくありません。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしよう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

お墓の外柵のリフォームで印象一新!-3

ご機嫌いかがですか?
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

外柵のリフォーム工事は順調に進み、
今回はコンクリート基礎の上に石を組んでいきます。

上の画像は、コンクリート基礎に金属のアンカーピンを打ち込んだあと、
さらにモルタルを敷いているところ。
ここに石をピンにかぶせるように設置していきます。

この画像は、お墓の奥から墓前を見たところです。

中央のへこみはカロートの下段部分です。

今回外柵に使用したのは、中国産の人気の白御影石「G623」。
品質が安定しており、経年変化が少ない点でも好まれています。

だいぶできてきました。

カロートの横ずれ防止のため、ここには隠し金具を入れています。

上の画像で縦にふたつ並んでいるのがそうです。
こちらにも下の画像のように、墓用強力接着剤やコーキング剤を併用します。

次回はこの続きをご覧ください。

お墓の専門家・山崎石材店では、
お墓のクリーニングやリフォーム、プチリフォームも承っております。
お墓についての困りごとやお悩みがございましたら、まずはお気軽にお問合せください。

当店の地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、
鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話くださいませ♪

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

お墓の外柵のリフォームで印象一新!-2

いかがお過ごしですか?
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

昭和40年代に建立されたお墓のリフォーム工事は、
これまでの墓石の運び出し、古い基礎の撤去と順調に進みました。

ここから基礎を、新しい外柵に合わせて造り直します。
まずは地面を一定の深さに掘り下げた状態に。

ここに大きな割栗石を入れました。

砕石も投入して、上からランマ―で圧力をかけて締固め、地盤を強化します。

今回のカロート(納骨室)は2段式なので、地下部分を施工。

型枠の板を置き、鉄筋を配筋しました。
中央のコンクリートでできたものがカロートです。

生コンクリートを流しました。
筒は水抜きの穴を造るために設置しています。

墓前と通路は勾配があるので、別々に生コンクリートを流します。

次回は、今回のお墓のリフォーム工事の目玉である
外回りの石の組み上げ工事の模様をお送りします。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店は、それぞれの墓所の状況に合わせた基礎工事を行うことはもちろん、
地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

お墓の外柵のリフォームで印象一新!-1 

こんにちは。
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

今回は、お墓の外回りである外柵をリフォームされたケースをご紹介いたしましょう。
昭和40年代に建てられたお墓が、大変身!

【ビフォア】

【アフター】

「これ、本当に同じお墓ですか?」 と思われた方も多いかもしれません。
工事の様子をこれから順を追って説明させていただきますね。

こちらは寺院の境内墓地にあるお墓です。
ご住職に読経していただき、いわゆる魂抜きの作法をしていただいてから、
解体作業をスタートさせました。

慎重に石を外していきます。

複数あった古くからの墓石もいったん別な場所に運びだしました。

基礎の撤去に移ります。
ドリルでコンクリートを砕きました。

粉砕したコンクリートを運びだしたところです。

地面をならしました。ここに新しい基礎をつくっていきます。

次回はこの続きからご覧ください。

茨城県の皆さま! お墓のことなら新規の建立からリフォーム、部分的なプチリフォームまで、
経験豊富な当店におまかせください。

弊社の基本対応エリアは地元・常総市、つくばみらい市を始めとした、茨城県内全域ですが、
責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県の柏や松戸市、我孫子市、
埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただいております。

まずはお気軽にお問い合わせください。
あなたのお電話をお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

法要に向けてお墓をクリーニングし、灯篭を設置

こんにちは♪
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。
今回は法要を前に、お墓のクリーニングとリフォームをなさった例を紹介いたします。

【ビフォア】

【アフター】

違うお墓かなと思うほどの変化ですよね^^

下の画像は、まずクリーニングを終えたところです。
長年の汚れやコケがかなり落ちて、これだけでも印象がアップしていますが、
ここからリフォームを始めます。

納骨室のふた=「拝石」(はいせき)を交換し、
灯篭と同じ石で制作した物置台と塔婆立てを設置しました。

今回の灯篭の設置には、法要に向けて故人へのご供養のためにという意味が込められています。
灯篭のともしびは、智慧の光を照らし、
亡くなった方があの世で道に迷わないための手助けにもなるとか。

最近では設置される機会がやや減っていますが、
デザインも豊富になっていますし、ぜひご活用いただきたいものの一つです。

灯篭とおそろいの石材でつくった物置台も、お参りの際に持参の花束などを置いたり、
ちょっと腰掛けたりと便利に使っていただけるかと思います。

山崎石材店では、こうしたお墓のリフォームやクリーニングなどについてのご相談を、
地元常総市、つくばみらい市はもちろん、土浦市、水戸市など、基本的に茨城県全域を対応範囲としてお受けいたしております。

責任を持ってお引き受けできる条件でしたら、千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産OG-7で造った神道と仏教の両家墓-4

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

両家墓の工事はお墓の中心である石塔の建て上げ工事へと進みました。

今回こちらの部分に使用した石材は、印度産の「OG-7」。
ほどよい光沢の高級石材ですが、
石の目にばらつきがあるため、良材を確保するには気を遣いました。

このように、今回一番時間をかけたのは原石の確保と石の選定です。
選定の際には、いろいろな種類の石を検討しました。
同じ名前、同じ価格の石でも、ブロックごとに色合いや目合いが異なるので、
大量のサンプルを取り寄せてお客さまに何度も見ていただいたり、
ほかのお墓で実際に使用した写真とも比較しながらの打ち合わせを繰り返しました。

石を積み上げる際には、格段に、震度7クラスの地震に耐える耐震GELパッドを施工しています。

こちらは納骨室周りです。

完成しました!
墓前は平らに見えますが、緩やかな水勾配がついています。

今回のケースは両家墓で、かつ仏教と神道ですので、
機能的にもお花を上げる仏式と榊をあげる神式という違いがあります。
そこをデザインで統一感を出せるようにしました。

墓石にはデザイン墓石のブランド「カーサメモリア」の「YUKA」を使用。
モダンですっきりとした印象になりました。

左右の墓石を見比べていただくと、
右側の神式には花立が2つあることことがお分かりいただけるかと思います。
一つは榊をあげるためのもの。また香炉は左側にしかありません。香炉のあるなしなど、
少しずつ違いがあることがお分かりいただけるかと思います。

後日、建碑式(浄土真宗では、開眼法要をこう呼ぶ場合があります)が執り行われました。
完成したお墓について、お客さまや周囲の方から「バッチリ。完璧」との声を頂戴し、
私どももありがたい限りです。

洋型、和型、デザイン墓石と、どんなデザインのお墓も
ご相談は、伝統と信頼を誇る山崎石材店へどうぞ。
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、初めての方でも気軽に検討できると好評です。

ご来場の際は、ぜひお電話でご予約を。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

—————————————–
概要
墓石・外柵:OG-7(印度産)×ZM(印度産)
カーサメモリア YUKA
広さ:間口 3m  奥行 3m  面積 約9㎡
装飾品や加工など:法名碑・花立・香炉
完成までの期間:3か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産OG-7で造った神道と仏教の両家墓-3

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニングまで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

コンクリート基礎が出来上がりましたので、お墓の外回りの石の取付工事へと入ります。

下の画像は基礎に金属のアンカーを打ち込み、モルタルも敷いた上に、
クレーンで吊った石を乗せようとしているところです。
こうすることで、地震などの衝撃にも強い安全なお墓になります。

接着剤は、接着面積を考慮に入れて適量で施工します。

上下の石と石はステンレスピンで結合。

今回外柵に使用した石材は、根強い人気の「ZM」です。
インド産の代表的な白系の御影石で、硬さは最強クラスのうえ吸水率も低いため、
経年変化がしづらく、安心して長くお使いいただけます。
また光沢に優れ、目が細かくて均一であることも特徴です。

今回は下の画像にある墓前の敷石をなるべく一枚石で取りたかったので、
もともと在庫僅少な石材ということもあり、原石の確保に苦心しました。

こちらの固定にも、ステンレスピンを接着剤やコーキング材と併用しています。

次回は石塔の建て上げ工事の模様をご覧ください。

お墓は家族の絆の象徴です。
改修や建て替えをされたことで、心まで落ち着いたとおっしゃる方も少なくありません。
うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしよう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

弊社は茨城県内全域を基本対応エリアといたしておりますが、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県柏市や松戸市、我孫子、埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店