お墓に外柵をつけるリフォーム-2

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

ふたつの石塔の配置、柵のデザインともに決まりましたので、
今回から工事に入ります。
まずは今ある石を取り外して更地にするところから。

基礎をやり直すために、割栗石を敷き詰めました。

ここに砕石をさらに投入して、ランマー(締固め機)で圧力をかけ、締固めます。

型枠を組んで、鉄筋を背筋しました。
鉄筋はD13という、住宅の基礎などにも用いられる太いタイプを使用しています。

生コンクリートを流し込みました。
丸い筒のようなものは水抜き穴用です。
これからしばらく湿度を保ちつつ養生し、コンクリートの強度を引き出します。

次回は石の組み上げをご覧ください。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしたらいいんだろう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

お墓に外柵をつけるリフォーム-1

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニングまで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

本日お目にかけますのはお墓のリフォーム。
当社で以前施工させていただいたお墓を、囲いをリフォームするようご依頼いただきました。

こちらのお墓が……、

ほら、この通り!

イメージが一新されましたよね。

ご提案を振り返ります。
今回のリフォームは、もともとある二つの石塔をそのまま使い、
囲いを高くすることが条件でした。

まずは石塔を、前後左右ともずらした形で並べてみます。

現地の画像と合成しますとこんな感じです。

次に、中心に黒の石塔を持ってきました。

するとお客さまから、あまり周囲に合わせすぎないようにしたいとのお声が。

個性を出すため、囲いの手前にある柱の形を、曲線を生かしてデザインし直しました。

お客さまにもお気に召していただき、こちらで決定。
次回からは工事の様子をお目にかけましょう。

茨城県の皆さま!
お墓のことなら新規の建立からリフォーム、部分的なプチリフォームまで、当店におまかせください。

弊社は地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、茨城県内全域を基本対応エリアといたしておりますが、
責任を持ってお引き受けできる条件であれば、
千葉県の柏市や松戸市、埼玉県の川口市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

存在感がスゴイ! 万成石のモニュメント-2

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

お墓に設置した万成石のモニュメントのご紹介、
今回は加工の様子をご覧ください。

本体用と台座用のふたつの石を工場に運びこみ、まずは台座の加工からスタートです。
本体をはめ込むための溝を掘りました。

*

本体用の石は、字彫のためにマスキングをします。

自然石なので、表面が平らでなく、もろいので慎重に作業します。

文字を彫り込んでいます。

先ほど表面が平らではないためもろいと書きましたが、
実は万成石はその硬さでも知られた石。
文字を彫り込むにもそう気楽ではありませんが、
下書きどおりに丁寧に作業を進めていきます。

現地での据え付け作業の様子です。
クレーンで慎重に行いました。

完成しました!

自然な風合いを生かした表面の仕上げ、
くっきりと彫り込まれた文字が印象的な、存在感あふれる姿ですよね。

万成石は吸水率が低いので、美しさが長続きし、
こうした屋外での使用にもたいへん適しています。

山崎石材店では、このように石に関するさまざまなご依頼を承っております。
お墓以外にも、石塀、沓脱石、銘鈑、石像、記念碑などをご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

当店の地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

存在感がスゴイ! 万成石のモニュメント-1

こんにちは、お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

今回はお墓の一部として建てられたモニュメント(記念碑)をご紹介いたします。

こちらが完成後の様子。どっしりとした石の素材感が生きた堂々たる姿です。
いささか手前味噌ですが、「体技心」と刻んだ言葉ともよくマッチしていますよね。

制作にあたり、選定したのが万成石(まんなりいし)。
JR岡山駅にほど近い、小高い山で産出しています。

この万成石、当店の印刷物でもご紹介したことがありますが、
日本の代表的な銘石のひとつとして、大変に人気がある花崗岩です。

その色の美しさから「桜御影」とも呼ばれ、
故・石原裕次郎さんや長谷川町子さんのお墓にも使われているんですよ。
香川県高松市のイサム・ノグチ庭園美術館にあるイサム・ノグチの卵型のお墓も万成石です。

当店では今回、社長自ら丁場まで足を運び、
先方にもご協力いただいてモニュメントに最適な石を探しました。

その結果、出会ったのがこちらの石です。
今回の石探しでは、当店のある茨城県常総市から岡山市まで3回行きました。

次回はこの石の加工の模様をご覧ください。

皆さまもご自分のお好みに合わせて、このようなオーダーをなさいませんか?
山崎石材店では、石に関するさまざまなご依頼を承っております。
石像、モニュメント、石塀、沓脱石、銘鈑などもぜひどうぞ!

弊社は地元常総市、つくばみらい市をはじめ、基本的に茨城県全域を対応範囲としておりますが、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただいております。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産M10をサクラの彫刻で飾って-6

こんにちは。
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

お墓づくりもいよいよ最終段階。
石と石の隙間をシーリングしました(青いテープ部分)。

納骨室の入り口はこのようになっています。
これからこの上に香炉などを設置しますので、普段は見えない部分ですね。

完成しました。

こちらはお墓を背面から見たところ。
デザイン化された塔婆立てがおしゃれですね。

墓前はすっきりひろびろと。
今回のお墓は、全体的に曲線を生かした今風なデザインになっています。

開眼法要の当日です。
しきたり通りにさらしを石塔に巻き、花やお供えを揃えて、お坊さまを待ちます。

無事に法要が終わり、さらしを取りました。
青空に、艶のある墓石とやさしい色の花が映えています。

墓石を優美に飾るサクラの彫刻は、
「casa memoria」のオーナメント・コレクション「ADD – アド」からのもの。
中央に彫った「やすらかに」という言葉ともよく調和して、
お客さまにおすすめした甲斐がありました。

ちなみにこちらのラインナップには他にバラやキク、ツバキなどがございます。

完成後に、当店からご依頼主の大久保さまへアンケートをお願いしましたところ、
お客さまは満足度を、10段階中の10、最高だとお答えくださいました。

短い期間で仕上げていただいた。

工期の点でもご満足いただけたようで幸いです。
大久保さま、今回はありがとうございました!

「お墓を建てたいけれど、どうすればいいのかよくわからなくて」と不安をお持ちでしたら、
一度つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にお越しになりませんか?
当店は創業から270余年。先進の技術やデザイン感覚を取り入れつつ、
価格、サービスともに地域に信頼される店として営業いたしております。

ご来場の際は、お待たせすることのないよう、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

—————————————–
概要
墓石:M10(印度産)
外柵:ZM(印度産)
広さ:間口 1.6m  奥行 3.5m  面積 約5.6㎡
装飾品や加工など:塔婆立・花立・水鉢・香炉
(ご依頼から完成までの期間:1か月)
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産M10をサクラの彫刻で飾って-5

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

今回は、まずは竿石の背面に位置する塔婆立てを設置する作業をご紹介いたします。
立ち上がりの部分は、ステンレスのアンカーピンで接合します。

上に乗せる石(端に青いテープを貼っています)をクレーンで吊り上げました。
奥には塔婆を差し込んで立てるための部材も見えますね。

下の画像は、上の画像とは反対側の石を設置しているところです。
ここにもアンカーピン用の穴を開けた石を設置します。

塔婆立てができました。

お墓の主役である石塔の建て上げ作業に入ります。

一番下の芝台を置きました。

次の石を乗せる前に、天面に震度7クラスに耐える耐震ゲルパッドをセット。
石と石の間で、地震などの際に揺れを吸収するクッションの役割を果たしてくれます。

さらに墓石専用コーキング剤もプラス。

上の段にも同様に、ゲルパッドやコーキング剤を重ねます。

一番上に、加工を済ませた竿石をクレーンで慎重に載せていきます。
今回、石塔などに使用したのは印度産の「M10」。
吸水性が低い良質な石材で、深みのある落ち着いたダークグレーの色合いでも人気です。

洋型、和型、デザイン墓石と、どんなデザインのお墓も
ご相談は、伝統と信頼を誇る山崎石材店へどうぞ。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産M10をサクラの彫刻で飾って-4

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
茨城県常総市のお墓の専門家・山崎石材店です。

今回は下回りの工事の続きをご覧ください。

石と石とつなぎ目には、見えない部分に隠し金具を入れ、強力な接着材も使っています。

今回、お墓の下回りの部分(外柵)に使っている石は印度産の白御影石「ZM」。
石目が細かく、光沢が長持ちする大変良質な石材です。
この「ZM」、たいへん硬質で吸水性が低いことでも知られています。

納骨室の横にできていた空間には、石などを入れて堅固なつくりに。

張り石は、水勾配(傾斜)を少しだけとって、水がたまらないように施工します。

下回りがかなりできてきました。

次回はいよいよお墓の中心である石塔の設置工事に入ります。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店は、それぞれの墓所の状況に合わせた基礎工事を行うことはもちろん、
地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産M10をサクラの彫刻で飾って-3

こんにちは。
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

コンクリート基礎ができましたので、下回りの墓石(外柵)の建て上げ工事に入ります。
床面から出ている金属の棒(アンカーピン)にご注目ください。
このアンカーで、地震などの衝撃による石の横ずれを強力に防止します。

この金属の棒は以下のような方法で設置しています。
まずはモルタルを敷きます。

その後、コンクリートの基礎にドリルで穴を開けました。

その穴に金属の棒を入れます。

ここにクレーンで穴を開けた石を運びこみます。

石と石とが接する面には、
耐震性のある墓石専用コーキング材を使用。

次回はこの続きをご覧ください。

江戸時代の創業より長年の信頼と実績を誇ってきた山崎石材店では、
こうしたお墓の建て替えなどについてのご相談を
地元常総市、つくばみらい市はもちろん、
土浦市、水戸市など、基本的に茨城県全域を対応範囲としてお受けいたしております。

責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産M10をサクラの彫刻で飾って-2

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」・茨城県常総市の山崎石材店です。

本日は基礎工事の模様をお目にかけましょう。
まずは地面を一定の深さまで掘り下げます。

納骨室の下段部分の基礎地盤をつくるため、部分的にさらに掘り下げました。

この穴に砕石を投入した後、クレーンでコンクリートの納骨室を運び入れたところです。

投入した砕石を、タンピングランマーで圧力をかけて締固めます。

地盤がしっかりしたところで、コンクリートの納骨室用の枡を設置。

プレートコンパクターを使って、回りを締め固めます。

締固めの作業が終わり、
これから生コンクリートを流し込むための型枠や鉄筋を設置するところです。

生コンクリートを流し込みました。
手前にふたつ並んでいるのは、水抜き用の穴の部分です。

次回はお墓の外回りの工事に入ります。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしよう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産M10をサクラの彫刻で飾って-1

こんにちは、茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

「日本人に愛される花」と言えばあなたは何が思い浮かびますか?

花それぞれに魅力はありますが、やはり日本らしさや楚々とした美しさで
「サクラ」と答えられる方は多いのではないでしょうか。

墓石に彫り込みたいというご希望も時々いただきますので、
当店でも以下のようなデザインをご用意してご要望に応えております。

今回はこのサクラのデザインを生かして、
素敵な洋型デザインのお墓づくりをなさったケースのご紹介です。

こちらが施工前の現場の様子。

デザイン案をご覧ください。
現地の画像と合成した完成イメージ1です。

使用する石材を変えた完成イメージ2です。

こちらが最終的に決まったイメージ3。

先に完成後の実物の写真もお目にかけましょう。
ちょっと見にくいかもしれませんが、
「やすらかに」という言葉とともに、サクラの花をデザイン化したものが彫り込んでありますね。

次回からは工事の模様をお目にかけます。

皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
当店は創業から270余年。
先進の技術やデザイン感覚を取り入れつつ、価格、サービスともに地域に信頼される石材店として営業いたしております。
ぜひ一度、つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にお越しくださいませ。

ご来場の際は、お待たせすることのないよう、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市ほかからのご連絡もお待ちいたしております。

 
◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店