中国産ピンク御影石「G663」で優しい雰囲気のお墓に-1

いつもありがとうございます。「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

「素敵ね」と周囲の人に言ってもらえる、そして自分自身も満足できるお墓を作るにはどうしたらいいでしょうか?
そのひとつのヒントをこちらのO様のお墓づくりから感じていただければ幸いです。

いずれも中国産の石材「G623」(白御影石)、「G663」(ピンク御影石)のふたつをお選びいただき、作りました。
現代的な感覚の造形美と、石材の色がマッチして、優美な雰囲気のお墓に仕上がったかと思います。
墓前には濡れた時のスリップ防止も兼ねたサンドブラスト加工を施し、表情に変化をつけました。

こちらは工事前に、現地確認にうかがった時の画像です。

デザインのご提案の際には、完成したイメージをしっかりと掴んでいただくために、上の現地の画像と墓石を合成したCGもお目にかけました。

これらをO様にお目にかけたところ、大変気に入ってくださり、一発でOKに。
うれしいですね。

次回はこの工事の模様をお送りいたします。

「お墓を建てたいけれど、どんなお墓にしたらいいのかイメージが湧かなくて」とおっしゃる方は、一度つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にいらっしゃいませんか?
お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富ですし、墓石には価格を表示しておりますので、安心して検討いただけますよ!

ご来場の際は、お待たせしたりすることのないようぜひお電話でご予約くださいませ。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

神式のお墓をおしゃれなカーサメモリアで-5

こんにちは、お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

神道式のお墓を、デザイン墓石「カーサメモリア」の「YUKA(ユウカ)」でご用命くださったHさま。

ご親族のご希望があったため、灯篭を追加追加したいとのご要望をいただき、
下の画像の状態をベースに、新たに何パターンかデザインのご提案をさせていただくことになりました。

灯篭提案1 「カーサメモリア」タイプのデザインです。

灯篭提案2 伝統的な角置き灯篭です。

Hさまがお選びになったのは、2の伝統的なタイプ。
それを実際に設置したのが下の画像です。いかがでしょうか?

今回墓石に使ったのは、当店の社長がインドの石切り場を訪れたこともある、御影石「ロイヤルブラウン」。
同じく良質なインド産御影石であるダークグレーの「M10」とのコンビで使用し、ツートーンのお洒落な色使いとなっています。

目立たないところですが、納骨室(カロート)の蓋もこだわりポイント。
目地をしなくても水が中に入りにくい構造となっています。

めでたく完成し、この日は青空の下で納骨式。
鹿島神宮からお招きした禰宜さんによるご祈祷が、しめやかに行われました。
ご親戚の方も今回のお墓をとても喜んでくださったとのことで何よりです。

皆さまも、ご自分のお好みを生かしたデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石には価格を表示しておりますので、安心して検討できると好評です。

お越しの際には、しっかりとご説明させていただけるよう、ぜひお電話でご予約くださいませ。
茨城県つくばみらい市はもちろん、常総市、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

———————————————————-
概要
墓石:カーサメモリア YUKA
石材:ロイヤルブラウン(印度産)×M10(印度産)
広さ:間口 2.0m  奥行 2.5m  面積 約5㎡
装飾品や加工など:花立・墓誌・灯篭
(ご依頼から完成までの期間:3か月)
———————————————————-

お墓の専門家からひとこと
今回は、榊を供えるための花立をお花を供える花立とは別に奥側に設けました
このように、価格優先ではなく、どう使うか、何のために建てるのか、だれに喜んでほしいのかといったご要望をきっちり伺い、お客さまが気が付かれない部分についてもプロとしてのご提案・アドバイスをさせていただくことが当店のモットーです。
( by 13代目社長 )

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

神式のお墓をおしゃれなカーサメモリアで-4

いかがお過ごしですか。お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

海がお好きだった奥様のために、海浜公園内の墓地に波の模様を刻んだお墓を建てられたHさま。
そのお墓づくりのご紹介、今回は工事の模様をお届けします。

まずは基礎工事。四方にある白いものはお清めの塩です。

基礎をために地面を掘り下げる根堀りをしたところです。
こちらは海の近くということで地盤は砂質。40センチほど掘り下げました。

大ぶりの割栗石を敷き詰めます。

締固め機で付き固めて、型枠を組み、配筋しました。

ここに生コンを流し込みます。

一週間養生してから、型をはずしました。

建て上げ工事に入りました。手前から石を組み上げていきます。

お墓は石をただ並べてあるだけではありません。
見えないところにもこんな工夫が。
ずれ止めのための隠しアンカーです。

こちらはステンレス製の連結金具。がっちり固定しています。

墓誌の入る下にも、ずれ防止の隠しアンカーが。

接着剤は、エポキシ樹脂系と耐震性のあるコーキングを組み合わせて強度を出しています。

敷石の下には、コンクリートで重さに耐える土台を作り、沈下を防いでいます。

震度7クラスの地震にも耐える、耐震パットも入れました。

組みあがりました!

そうこうするうち、H様からご親族からご希望があったとのことで灯篭を追加したいとのお話が。
山崎石材店としては、もちろん大歓迎です。
次回はそのデザイン選びについてご紹介いたします。

お墓づくりのご相談は、創業から270年の伝統を誇る当店へどうぞ。
弊社は地元・常総市、つくばみらい市(展示場)をはじめとした茨城県内全域を基本的な対応エリアといたしておりますが、
責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県柏市や松戸市、我孫子、埼玉県の川口市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。
展示場へのアクセス

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

神式のお墓をおしゃれなカーサメモリアで-3

いつもありがとうございます。「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

亡き奥様のために、神栖市海浜公園墓地にモダンなお墓を建立されたH様。
今回から、その工事の過程をお目にかけます。

こちらの墓地は市営です。
ということで市の担当課から、このような資料と届け出用の書類を一式いただきました。
読みにくいかとは思いますが、参考までにご覧ください。

「墓石等設置基準一覧表」

「高さの計測基準点について」

「墓地内工事施工申請書」

「墓地内工事完了届」

お墓の工事をするには、どこに建てる場合にもこうした届け出が欠かせません。
市にはこちらの図面も提出しました。

墓石への文字彫りのご提案もお目にかけます。

大きな「心」の文字は、お孫さんの名前にも使われているものということもあり、選ばれたようです。
下の波のモチーフは「カーサメモリア」のデザイン集から。
海がお好きだったという奥様のために、波の量を3パターンに変えたて提案させていただきました。
デザインの自由度、カスタマイズがしやすい「カーサメモリア」だからできた部分でもあります。

お選びいただいたのはこちらです。

これをもとに丁寧に墓石へ文字を刻んで行きました。

奥様のご実家のご縁で神式のお墓ですので、墓碑(神霊碑)はこのようになります。

お墓づくりのご相談は、創業から270年の伝統を誇る当店へどうぞ。
当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしておりますので、お気軽にお電話ください。

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

神式のお墓をおしゃれなカーサメモリアで-2

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

本日は前回に続き、亡き奥様のためのお墓を建てられたH様へのご提案例をお目にかけます。

ベースにしたのは、デザイン墓石「カーサメモリア」シリーズの横型タイプ「YUKA(ユウカ)」。

墓石用石材の種類、色、加工の仕方などにより、様々なバージョンが可能です。

これらを御覧頂いた上でH様からご意見をいただき、調整したのがこちらです。

こちらでほぼ最終の形となりました。

次回からはいよいよ、工事の模様をお伝えします。
墓石への文字彫りについても、じっくりと見ていただきますよ。
どうぞお楽しみに!

お墓づくりのご相談は、創業から270年の伝統を誇る当店へどうぞ。
当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣のつくば市、牛久市、龍ヶ崎市などからのご相談もお待ちいたしております。どうぞお気軽にお電話ください。

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

神式のお墓をおしゃれなカーサメモリアで-1

こんにちは、お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

今回は愛する奥様のために、神栖市海浜公園墓地にお墓を建立されたH様のケースをご紹介いたします。
この墓地はその名の通り、目の前に海を臨む広い公園の一角にあります。

爽やかな潮風の吹くこのような区画に……

瀟洒なお墓が完成しました。
H様にお選び頂いたのは、デザイン墓石「カーサメモリア」。
モダンでありながら落ち着いた和のテイストが感じられる人気のシリーズです。

H様にはインターネットから当店へ資料請求いただき、ご縁ができましたが、
当初からこの「カーサメモリア」を気に入ってくださっていましたので、
墓石デザインのご提案もすべてその線で行うことに。

当初は「カーサメモリア」のSOUをベースに、ご要望を取り入れた様々なバージョンをお目にかけました。

山崎石材店ではご提案の際には現地の画像と合成したものもお目にかけ、
完成した時のイメージをより的確に掴んで頂けるようにしています。

こちらは使用する石材の色で女性らしさを表現したパターン。

あなたならどれがお好みでしょうか?

この他にも素敵なデザインが沢山ある「カーサメモリア」。
H様も検討を重ねられるうちに、こちらの「YUKA(ユウカ)」にも心惹かれていかれました。

次回はこれをもとにご提案した例をご紹介いたします。

皆さまもお好みのデザインや石材でお墓を建てられませんか?

「お墓を建てたいけれど、どんなものがいいのかイメージが湧かなくて」とおっしゃる方は、仏式、神式とも、一度つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にお越しください。
お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富ですし、墓石には価格を表示しておりますので、安心して検討いただけますよ!

ご来場の際は、お待たせしたりすることのないようぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

常総市営霊園での洋型のお墓施工(後編)

こんにちは。 お墓の専門家、茨城県常総市の山崎石材店です。

今回も引き続き洋風お墓の施工をご紹介いたします。
前回で墓石や石張りのデザインが決定しましたので、ここからは実際に墓地でのお墓建立の様子のご紹介です。

2回に分けてご紹介してきたお墓がついに完成します!

まずは基礎工事から、行ってまいります。

敷地が広めなので、それに合わせて大きめの割栗石を敷き詰めています。

砕石を敷いて締め固めてから、コンクリートを打つための型枠組みと配筋をしました。

コンクリートを流し込んだところです。

約1週間、しっかりと養生してから脱型して、基礎コンクリートが完成しました。

水抜きのための穴が開いています。

ここから石を組んで行きますが、その前に。
後々、土圧がかかって石がずれることがないように、アンカーを打ち込んで基礎と一体化するようにしました。

石で囲まれた四角の空間がカロート(納骨室)になります。

石張りがされました。

墓石を組み進めます。
震度7クラスにも耐えられる耐震GELとパットで地震対策をしています。

ついに完成しました。

完成の瞬間は、達成感や安堵もありますが、
何より「お客さまに喜んでいただけるかどうか・納得していただけるかどうか?」が引き渡しまで、毎回非常に気がかりです。

非常に喜んでいただけたようで安心しております。
この度は、ご用命まことにありがとうございました。

洋風のデザイン墓石でのお墓の建立も、弊社は得意としております。 弊社は茨城県常総市、つくばみらい市を中心に、つくば市、牛久市、龍ヶ崎市を始めとした茨城県内からのご相談を承っております。 デザイン墓石をお考えでしたら、どうぞお気軽にご連絡ください。お墓のことなら何でもご相談くださいませ。

ーーーーー概要ーーーーー
墓石:G654(中国産)×G623(中国産)
広さ:間口 2.0m  奥行 2.5m 面積 5平米
装飾品や加工など:香炉、塔婆建、墓誌、物置台
(ご依頼から完成までの期間:2か月)

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

常総市営霊園での洋型のお墓施工(前編)

こんにちは。 お墓の専門家、茨城県常総市の山崎石材店です。

今回は、先日お手伝いさせていただいた
お墓の施工事例とその一部始終をご紹介いたします。


こちらのお墓です。洋風でディティールの凝ったタイプ。


完成したお墓の石張り部分のアップです。
こちら、グレーに見える部分も白っぽく見える部分も実は同じ白御影石を使用しております。
「磨き仕上げ」と「サンドブラスト仕上げ」が部分ごとにされているので、それらの表面仕上げの差によってお色にコントラストを出しています。

お客さまが当店の墓石展示場にお見えになった際に、こちらのピンク色の展示墓石が目に留まったとのことでした。

洋風の墓石デザインとマッチした雰囲気のあるお墓です。

そこで、「洋型、ピンクの墓石」でお客さまに最初のご提案をいたしました。
敷地の大きさに対しての墓石の大きさのバランスが視覚的にわかりやすくイメージできるよう、墓石の大きさごと3パターンのCGを作成しご提案いたしました。

まず小タイプ。

こちらは中タイプ。

最後が大タイプ。

墓石の大きさ以外はすべて同じ設定ですが、これだけでも印象が違いますね。

じっくりご検討いただき、最終的に決定した墓石のCGがこちらです。

当初の洋風イメージはそのままに、墓石のお色はモダンなピンク系からシックなグレー系に変更いたしました。実際の墓地のお写真にCG処理を施すことで、完成イメージがより明確になります。

こうして無事に、つくるお墓のデザインが決定したところで今回はここまで、
次回はこちらのお墓の実際の施工の様子をご紹介いたします。

弊社は茨城県常総市、つくばみらい市を中心に、つくば市、牛久市、龍ヶ崎市を始めとした茨城県内からのご相談を承っております。 お墓やお宮についてお考えのことがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

墓誌(法名碑)の追加設置をいたしました

こんにちは、石とお墓の専門家、茨城県常総市の山崎石材店です。

先日、お墓に新たに墓誌を設置されたいというお客さまのお手伝いをいたしました。
今回はその施工の様子をご紹介します。

こちらがご用命のお墓です。

お客さまからは、すでに建っているこちらの墓石と今回設置する墓誌の色を合わせてほしいとのこと。
そこで墓石を拝見すると、こちら福島県産の中山石であることが分かりました。

似たお色味であれば産地にはこだわらない、ということでしたので、サンプルをご覧いただいた中で中国産の北大青をお選びいただきました。

ここから設置工事に入ります。
まず、墓誌の設置場所の地盤を整備します。

石を敷いて、

基礎ができたら土台も組んでおきます。

完成した墓誌を設置して、工事が完了しました。

後日お客さまからお声を頂戴いたしました。

墓石とお色味を合わせた墓誌を設置したいというお客さまのご要望、ご満足いただけたようで大変安心いたしました。

この度は、ご用命ありがとうございました。

弊社は茨城県常総市、つくばみらい市を中心に、つくば市、牛久市、龍ヶ崎市を始めとした茨城県内からのご相談を承っております。お墓の建立やリフォームから、墓じまいの解体作業まで。お墓についてお考えのことがございましたら、どんなことでもどうぞお気軽にご相談ください。

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

氏神様の氏社をリニューアルいたしました

こんにちは。 お墓の専門家、茨城県常総市の山崎石材店です。

今回のブログは、先日お手伝いさせていただきました、
氏神様の氏社のリニューアル作業
その一部始終をご覧入れたいと思います。

まずこちらが氏社のビフォー写真です。

続いてアフター、リニューアル作業が完了した写真。

土台からみかげ石製に。
綺麗に、そして大きく立派な氏神様の氏社にリニューアルいたしました。
ここからはその過程を少し、ご紹介していきます。

まず、元の古い氏社を撤去します。
その後、コンクリート基礎を作るために下穴を掘りました。

空っぽになりました。

そこに、割栗石という大きめの敷石を並べていきます。

細かい砕石で高さの調節をしながら、締固め機で圧をかけて、転圧していきます。

しっかりと締め固められました。

次に、コンクリートを流し入れるための型枠と、鉄筋を組みました。

コンクリートを打ち込みました。

これで、基礎が完成しました。
ここから石を組み上げて行きます。
まずは土台から組んで行きます。

上部も丁寧に組み上げて行き、完成です。

今回2基のお宮でご用命いただいておりました。
こちらがもう一基のビフォーと、

アフターです。

2基ともきれいにリニューアルが完了しました。

氏神様は、祖霊として古いご先祖様をお祀りすることとされています。
目に見えないものが、目に見えるものをつくっている。
目に見えないものとは「ご縁」です。

お墓も同様なのですが、
形あるものを通して、つながりを感じることができるということは、心の豊かさに通じると感じます。

そのお手伝いを少しだけ、させていただきました。
この度は、ご用命ありがとうございました。

弊社は茨城県常総市、つくばみらい市を中心に、つくば市、牛久市、龍ヶ崎市を始めとした茨城県内からのご相談を承っております。 お墓やお宮についてお考えのことがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

◆創業270年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店