茨城県産の真壁小目石のお墓-6

こんにちは♪
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、リフォーム、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

芝代設置のためお墓用の強力接着剤、コーキング材を使用したところ

さあ、いよいよお墓の中心である石塔の建て上げ工事です。
まずはカロート(納骨室)の上に芝台を設置しました。

芝台を設置したところ

石塔に使うのは、地元の良材「真壁小目石」。
目の細かさが特徴の御影石で、迎賓館赤坂離宮の外壁にも使われています。

茨城県ではお墓を建てる時に全体のうちで13%の方が国産石材を選ばれますが、
その中では圧倒的に地元産の「真壁小目石」が人気なんですよ。

中台を設置したところ

芝台の上に中台を乗せました。
続いて上台を重ねます。

上台を設置したところ

ここからは耐震性を高めるために、
お墓用コーキング剤、接着剤に加えて「耐震GELパッド」も使っていきます。

下の画像のスリンの上にのせた四角いシートがそれです。
わずか3㎜の薄さながら、高い耐震機能を持った屋外用の素材でできたすぐれものです。

お墓用コーキング材、強力接着剤、耐震GELパッドを使用したところ

最後に一番上の棹石を設置して、完成しました!

完成したお墓

完成したお墓

長持ちする地元の良材で建てたお墓ですので、
これから末永く使っていただけることでしょう。

ちょっとした補修やリフォーム、墓石のクリーニングも、
当店で承っておりますのでお気軽に声をかけていただければと思います。

「お墓を建てたいけれど、どうすればいいのかよくわからなくて」とおっしゃる方は、
一度つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にお越しになりませんか?

当店は創業から270余年。
先進の技術やデザイン感覚を取り入れつつ、
価格、サービスともに地域に信頼される石材店として営業いたしております。

ご来場の際は、お待たせすることのないよう、ぜひお電話でご予約くださいませ。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

—————————————–
概要
石種:真壁小目(茨城県産)×G688(中国産)
広さ:間口 1.1m  奥行 2.5m  面積 約2.7㎡
装飾品や加工など:塔婆立、灯篭
完成までの期間:2か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

茨城県産の真壁小目石のお墓-5

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

石塔に「真壁小目石」を使うお墓の工事は、
外柵の部分へと順調に進みました。
前回も書きましたが、こちらには「G688」という、
中目の白御影石を使っています。

下の画像は、お墓の外柵の石を設置する準備を整えたところです。
石にステンレス金具を打ち込んで留め具としているほか、
お墓用の強力接着剤、コーキング剤も使っています。

お墓の外柵の石を設置するところ

ここへ金具用の穴をあけた石をクレーンでのせて固定します。

クレーンで設置する石を下ろしているところ

こちらは、お墓の入り口にあるふたつの親柱の上に灯篭を設置しているところ。

お墓の入り口に灯篭を設置しているところ

入り口から一転、お墓の一番奥の画像です。
こちらでは塔婆立を設置中。

2本の細い柱の両方に、ステンレスの金具が埋め込まれているのが見えますね。
ここに一本の石を渡して、卒塔婆が立てられるようにするのです。

お墓の奥に塔婆立てを設置しているところ

塔婆立ができました。
灯篭はこれから傘の部分を載せます。

完成に近づいたお墓の下回り

お墓の下回りがかなり完成に近づきましたね。
次回はいよいよ「真壁小目石」の石塔の建て上げ工事をお目にかけますので、
ぜひチェックなさってみてください!

お墓は、家族の絆の象徴です。
改修や建て替えをされたことで、心まで落ち着いたとおっしゃる方も少なくありません。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしよう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

茨城県産の真壁小目石のお墓-4

いかがお過ごしですか。お墓の専門家、茨城県常総市の山崎石材店です。

当店の地元・茨城県産の「真壁小目石」を使ってのお墓づくりは、
お墓の下回りの石の工事へと進みました。

地震などの衝撃や経年劣化に強く、安全で長持ちすることが求められる現代のお墓。
石を固定する際には、下の画像のモルタルを始めとした
さまざまな接着剤や金具を状況によって使い分けています。
モルタルはコンクリート基礎の上に石を設置する際に使います。

モルタルを使用してコンクリート基礎の上に石を設置しているところ

こちらの画像の灰色のものは、石と石の接合面に使う墓石専用コーキング材。
白いものはエポキシ樹脂の強力接着剤です。

墓石専用コーキング材とエポキシ樹脂の強力接着剤

3回目のブログでご紹介したように、
コンクリート基礎にアンカーを打ち込んで、
それからさらにモルタルも敷いてから穴をあけた石を設置すれば、
ちょっとやそっとの衝撃には負けません。

モルタルと墓石専用コーキング材、エポキシ樹脂の強力接着剤

今回、外柵に使っているのは中国・福建省産の白御影石「G688」。
「G688」は白い部分と黒い部分のバランスがよく、お墓の外柵として人気があります。

G688を使用したお墓の外柵

二段型のカロート(納骨室)の両脇の壁部分の空間には、
コンクリートブロックや小石などを詰めて強度を高めました。

カロート(納骨室)の周り

だんだんお墓らしい雰囲気になってきましたね。
次回もこの続きをご覧ください。

弊社は地元・常総市、つくばみらい市を始めとした、茨城県内全域を基本対応エリアといたしておりますが、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、
埼玉県さいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。
◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

茨城県産の真壁小目石のお墓-3

このブログをご覧いただき、ありがとうございます。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

今回の基礎工事は、現場に生コンクリートを流し込むための型枠を置き、
鉄筋を組むところまできました。

当店では、この時の鉄筋はD13という住宅の基礎などにも用いられる太いタイプを使用し、
ダブルで組み上げています。
四角い箱のようなものはコンクリートでできたカロート(納骨室)です。

型枠、鉄筋を設置したところ

カロートは厚みのあるコンクリートでできており、耐久性の面でも安心。

カロート(納骨室)の厚み

生コンクリートを流しました。

生コンクリートを流し込んだところ

一週間程度養生期間をとり、
しっかりコンクリートの強度が出たところで、型枠を外しました。

完成したコンクリート基礎

コンクリート基礎の完成です。

金属製のアンカーを打ち込んだところ

基礎工事が終わり、今度はお墓の下まわりの石を設置する準備に入りました。
コンクリートにドリルで穴を開け、金属製のアンカーを打ち込みました。

次回はこのアンカーの上に穴を開けた石を載せていきます。
ぜひご覧ください。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店は江戸時代から地元に親しまれ、
市役所のモニュメントや名刹の建造物もご依頼いただいております。
どうぞ安心してお任せくださいませ。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております!

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

茨城県産の真壁小目石のお墓-2

こんにちは♪ 江戸時代の創業から270余年。お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

茨城県産の「真壁小目石」を使ってのお墓づくりは、デザインが決まって工事へと進みました。
これから墓所にコンクリートの基礎を造っていきます。

お墓づくりの根切りの工程

これは「根切り」という工程を行ったところです。
建墓する敷地の土を深さ40cm程度掘り下げます。
地盤の状況によっては、さらに深く掘り下げる場合もあります。

お墓づくりの割栗石を手作業で並べる工程

次に、岩石を砕いた割栗石を手作業できれいに並べました。

お墓づくりのランマーで圧力をかけ締め固めをする工程

この割栗石の隙間を埋めるために小さな砕石を投入してから、
ランマー(締め固め機)で強い圧力をかけていきます。
山崎石材店では自重100kgの重いタイプのランマーを使用し、
しっかりと地盤の密度を高めています。

お墓づくりの締め固めの工程が終わった状態

ランマーでの作業が終わった状態です。
奥の四角い穴にはカロート(納骨室)を設置します。

カロート(納骨室)を置く準備の工程

次回もこの続きをご覧ください!

 

茨城県の皆さま! お墓のことなら新規の建立からリフォーム、部分的なプチリフォーム、管理まで、当店におまかせください。
山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
経験豊かな私どもに、お気軽にご相談くださいませ。

弊社は地元・常総市、つくばみらい市(展示場)をはじめとした茨城県内全域を基本的な対応エリアといたしておりますが、
責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県の川口市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。
あなたのお電話をお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

茨城県産の真壁小目石のお墓-1

こんにちは! 茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

今回ご紹介するのは、茨城県桜川市真壁で取れる
「真壁小目石(まかべこめいし)」で建てたお墓です。

この石は白系の花崗岩で、その名の通り目が細かいのが特徴。
光沢があり長持ちする良材として知られ、墓石としても人気があります。

当店のお客さまにも、地元茨城県産のこの石でとおっしゃる方は少なくありません。
これまでにもたくさんのお墓を手掛けさせていただいてきました。
まずはその中から、お墓の中心である石塔に使った例をお目にかけます。
※お墓の外回りには違う石材を使っています

一周忌に合わせて真壁小目石でのお墓づくりでご紹介したお墓
参考画像 一周忌に合わせて真壁小目石でのお墓づくり-1 より

敷地に建てた真壁小目石のお墓でご紹介したお墓
参考画像 奥に長い敷地に建てた真壁小目石のお墓-4 より

茨城県産真壁小目石でつくった和洋折衷型のお墓でご紹介したお墓
参考画像 茨城県産真壁小目石でつくった和洋折衷型のお墓-6 より

いかがでしょうか?
和型、洋型、どんなお墓のデザインにもマッチしていますね。
ライトグレーの明るさと、小目ならではの上品さを兼ね備えた「真壁小目石」の墓石は、
どの方にも好かれそうです。

今回のお客さまのご希望は、伝統的な和型デザインのお墓。
そのほかにも細かなご注文を反映して、当店では以下のようなデザインを作成しました。

伝統的な和形デザインのお墓のCG

このCG画像を現地の画像と合成したものがこちらです!

伝統的な和形デザインのお墓のCG画像を現地の画像と合成

お墓の入り口の二本の親柱の上に置いた、優美な形の灯篭が印象的。
全体のイメージも、周囲のお墓とも馴染みそうですね。

次回からこのお墓の工事の模様をご紹介いたします。
皆さまもご自分のお好みのデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
つくばみらい市にある山崎石材店の展示場 は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、気軽にご検討いただけます。

お越しの際には、ぜひ前もってお電話ください。
当店の地元である茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

伊達青石の和型デザインのお墓-5

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

さあ、お墓の中心である石塔を設置していきましょう。
伊達青石の和型デザインの墓石を一段重ねるごとに、
震度7クラスに耐える耐震GELパッド(画像の)四角いもの)を置き、地震への備えとしています。

石と石の間は、水が入らないようにシーリングしています。

こちらはお墓に向かって左側の墓誌を立てる直前の状態です。

墓誌の石の板を設置しました。

これからカロ―ト(納骨室)の入り口をふさぐ石を設置していきます。

完成しました!

お客さまからは、
「イメージ通りにできて、家族ともども今後ともよろしくお願いします」
との言葉を頂戴しました。

石塔に用いた宮城県産の「伊達青石」は独特の模様を持ち、その墓石は、
当店の地元である常総市やつくばみらい市ではほとんど見られないもの。
ご当家のシンボルとして末長くお参りしていただければ幸いです。

 

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしよう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

—————————————–
概要
石種:伊達青石(宮城産)×G688(中国産)
広さ:間口 1.5m  奥行 2.1m  面積 約3.2㎡
装飾品や加工など:塔婆立、香炉、花立
完成までの期間:3か月
—————————————-

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

伊達青石の和型デザインのお墓-4

いかがお過ごしですか。
お墓の専門家、茨城県常総市の山崎石材店です。

お墓の下回りの石の設置工事が続いています。

ここでもこまめに水準器で水平を保っていきます。

下の画像は納骨室の上の段に壁を設ける作業です。

納骨室の周りの空間は、そのままにしておくと構造的に弱いお墓になってしまうので、
しっかりと埋めておかなければなりません。

まずはコンクリートブロックを入れました。

さらに石やモルタル、コンクリートで施工します。

塔婆立ての石を設置していきます。
ここでも墓石用の強力な接着剤やコーキング剤は欠かせません。

お墓の一番奥に塔婆立てができました。

次回はいよいよ和型デザインの伊達青石の石塔の建て上げ工事に入ります。

茨城県の皆さま! お墓のことなら新規の建立からリフォーム、部分的なプチリフォームまで、当店におまかせください。

弊社は茨城県内全域を基本対応エリアといたしておりますが、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県柏市や松戸市、我孫子、埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

伊達青石の和型デザインのお墓-3

こんにちは♪
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

こちらのお墓のお施主様は、当店の地元・茨城県常総市在住の方。
私どもにご依頼いただいた理由を、
「前から知ってたし、いよいよお墓を建てようってなった時に思いついた」と、
話されていました。

この地で江戸時代から石屋を営み、積み重ねた信頼を損ねないよう、
今回も務めて参ります。

前回の記事で設置作業をご紹介した基礎の上の石。
下の画像はそこにドリルで穴を開けているところです。

この穴に金属のアンカーを打ち込み、
横ずれを防止する工法を取っています。

石の固定にはアンカーのほか、墓石用の接着剤やコーキング剤も使用しています。

墓前の床に開けた穴に打ち込んだアンカーで、石塔の一番下の芝台の一部となる石を建てました。

こちらはお墓の奥の部分。
ここにもアンカーを打ち込み、その上に石を設置していきます。

次回も工事の模様をお届けします。

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びたいですね。
山崎石材店は、それぞれの墓所の状況に合わせた基礎工事を行うことはもちろん、
地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

伊達青石の和型デザインのお墓-2

こんにちは、茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

どんなお墓にするかという検討の中で、
銘石「伊達青石」を和型デザインの石塔に使うことに決まった今回のケース。
その工事が始まりました。

今回の墓所にはすでにコンクリート基礎ができていましたので、
その上に下回りの石を組んでいきます。

水準器で水平を取りながら、慎重に設置していきます。

基礎の中央のへこんだ部分は、納骨室の下段部分になるところ。
今回はこのスペースを活用できるように、通常とは違う石組方法を採用しています。

下の画像は、お墓の入り口方向から見たところ。
納骨室の下段の半分ほどにかぶさるように、コンクリートの板を置き、
その周囲に墓前の床の石をこれから敷いていきます。

まずはモルタルを敷いてから、石の板を載せます。

今回下回りに使用しているのは、中国産の白御影石「G688」です。
「G688」と、その名の通り青みがかった色合いの「伊達青石」の和型墓石とは、
相性がいいはず。
出来上がりが楽しみです。

次回もこの続きをご覧ください!

弊社は地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、下妻市など茨城県内全域を基本対応エリアといたしております。
責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県の柏や松戸、我孫子、埼玉県のさいたま市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。
◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店