タグ別アーカイブ: お墓の引っ越し

4坪の大きなお墓 ―5完結編 ~地震対策もしっかりと~

ブログをお読みいただきありがとうございます。茨城県常総市の山崎石材店です。

これまで4回に渡ってお送りして参りました「4坪の大きなお墓」、今回が完結編となりました。 ここからは、いつもの墓所の基礎工事の工程です。

根切りした穴に割栗石を敷き詰めています。 1007-31

さらに砕石を敷き詰めるころには日が傾いてきました。 1007-32

石もろとも地面を突き固めたら、コンクリートを流し込むための型枠を作ります。1007-33

鉄筋を配筋しました。 1007-34

コンクリートを流し込んでいるところです。 1007-35

コンクリート打設完了。しばらく養生します。 1007-36

コンクリートが乾き、十分な強度になりましたら、石を組んでいきます。 1007-37 1007-38 1007-39

石の吸水をコントロールするために、今回隙間に充填する中込材には砕石を使用しています。 1007-40 1007-41

天面に石板を張りました。 100-42

石材の間の目地もしっかりと整えてまいります。 1007-42

上部の構造物にも、内部に脱落防止のステンレスピンを入れています。 1007-43

いよいよ墓石本体を設置していきます。 1007-44 1007-45 1007-46

ゆっくりとした衝撃に強い樹脂系の接着剤と、急激な衝撃に強いシリコン系の接着剤とを組み合わせて使用しています。 1007-47

免震施工のステンレス心棒も入り、地震対策もばっちり。 接着剤の強度以上の揺れでも墓石の倒壊を防ぎます。

1007-48 1007-49

ついに完成しました! 洗練されたデザインの、大きくて迫力のあるお墓です。 1007-50

なお、こちらのお墓建立に当たっては、お客さまの思いと実際の仕上がりがずれないように、工事前の風景に完成イメージを組み合わせた姿もお目にかけていました。

それがこちらです。

【お墓の工事前の風景と建立イメージ(パース合成)】 iPhone-2015.06.06-11.45.35.361 飯田家プラン③_雲上(LL改)合成

そして、実際に工事が完了した後の姿がこちらです。

【お墓を建立した実物風景】   iPhone-2015.10.04-10.28.06.376

いかがでしょうか。事前のイメージどおりにできております。

また、工事後には、お天気にも恵まれつつ、無事に開眼法要を営まれました。 iPhone-2015.10.04-09.21.51.206   ———————————————————

概要

墓石:クンナム(インド産)×真壁小目(既存:茨城県産)

外柵:アーバングレー(インド産)

広さ:間口 4.5m  奥行 3m  面積 約13.5平米

装飾品や加工など:花立香炉・塔婆立・墓誌

(ご依頼から完成までの期間:4か月)

———————————————————

担当者からひとこと

入念なデザインの検討、もとのお墓からの引っ越しを行いましたので、ご依頼から完成までに時間がかかりましたが、すばらしいお墓ができました。 磨きを施した古い墓石が輝きを取り戻し、活用できたこともうれしいですね。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

4坪の大きなお墓 ―4 ~杭打ちもした新しい墓所の基礎工事~

こんにちは。 墓石・お墓の専門家、 茨城県の山崎石材店です。

今回の墓石はかなり大きく、設計上での重さが30トン近くにもなります。 そのため、新しい墓所の基礎工事に入る前に念のために地盤調査を行いました。 1007-22

「スウェーデン式サウンディング試験」といって、住宅の工事などでもよく使われている調査方法です。 このようなスクリューのついた金属の棒(ロッド)に100キロの重みをかけていった時、どのくらいの回転で土にスクリューが入っていくのかを測定し、地盤の強度を推定していきます。 1007-23 1007-24

調査結果によれば、設計荷重 2.16t/㎡ < 長期耐用強度 3.6t/㎡ となり、地盤は強固で充分な強度があることが確認できました。

【調査風景の動画も撮影いたしました】

【調査の様子です。建立地周辺の5箇所で行いました】 弘経寺I家墓地報告書から抜粋

そして、やっと新しいお墓の基礎工事が始まります。 まずは地盤面以下の土を掘る根切りです。 1007-25

地盤の強度は十分ありますが、後ろが重いので、念には念を入れようということで、このような2メートルの杭(くい)を4本入れて、さらに強度を上げることにしました。 1007-26

まず、このようなスクリューで下穴をあけます。 1007-27

この下穴は、杭がまっすぐに入るようにするためのガイドになります。 1007-28

こちらの杭打ちマシンで地面に打ち込みます。 1007-29

無事に最後まで4本入りました。 1007-30

さあ次回でいよいよお墓が完成いたします。

最終回<「4坪の大きなお墓―5」>に続きます。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

4坪の大きなお墓―3 ~古いお墓の引っ越し~

今回の工事は、墓所のお引っ越しも伴う工事となりました。

これまでの御石塔(墓石)は、磨き直して新しい墓所に建てることに。 1007-15

まずは石をばらして、お墓の基礎を解体します。 1007-16

コンクリートの基礎は、電動のコンクリートブレーカーで細かく砕いていきます。 周囲のお墓を傷つけたりしないよう、注意を払いながら少しずつ作業を行います。 1007-17

少しずつ、少しずつ。 1007-18

きれいに取れました。 1007-19

土を埋め戻して更地に戻し、これまでの墓地での作業は完了です。 1007-20

これまでの墓石は当店の作業場に運び、磨き直しを行いました。 するとツヤがよみがえり、こんなにきれいに!

1007-21

石は茨城県産の「真壁小目石」です。吸水によるムラも目立たなくなりました。

山崎石材店では、こうしたお墓のお引越しやリフォームについてのご相談を、地元常総市はもちろん、つくばみらい市、土浦市、水戸市などの茨城県全域を対応エリアとして、承っています。また千葉県の柏や松戸、我孫子、埼玉県のさいたま市や越谷市といった近隣都県にお住いの方からのご相談も、状況に応じて承れることがございます。 どうぞお気軽にご相談くださいませ。

さて、次回は新しい墓所での建立工事の様子をご覧いただきます。

「4坪の大きなお墓―4」>に続きます。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

4坪の大きなお墓―2 ~最終的に決まったのはこのデザイン~

ブログをお読みいただきありがとうございます。 お墓の専門家・茨城県の山崎石材店です。

Iさまへのプランのご提案に当たっては、単に墓石を新設するものだけでなく、これまでの墓石をそのまま使用した場合のパースも見て頂きました。 1007-9

こちらは、新たに主となる石塔と夫婦墓を建てるプランです。 1007-10

カロート(納骨室)の構造についても、分かりやすいよう、パースをお目にかけてご検討いただきました。

1007-8

こちらは、和型の墓石のパースと現場の画像を合成した、実際に現場に建てたときのイメージ画像です。

1007-11

そして、最終的に決まったのがこちらのプランです。 1007-12

2回3回とご提案させていただくうちに、お客さまらしいデザインに落ち着き、現代的なシャープさと共に優美な落ち着きも感じさせる墓石をお選びいただきました。 以前からあった墓石も残しています。 墓石を背面側から見るとこうなります。 1007-14

上記のデザインを現場の画像と合成したものがこちら。 墓石を横から見たところです。 1007-13

山崎石材店では、こうしたさまざまなタイプのお墓についてのご相談を、地元常総市はもちろん、つくばみらい市、土浦市、水戸市などの茨城県全域のお客さまからいただき、対応させていただいております。

次回はこの墓所の工事の様子をご紹介いたします。

「4坪の大きなお墓―3」>に続きます。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

4坪の大きなお墓―1 ~お墓のデザインを提案~

こんにちは。 墓石・お墓の専門家、 茨城県常総市の山崎石材店です。

今回から数回に渡り、4坪と大きな墓所をお持ちのIさまの建墓のケースをご紹介いたします。 Iさまはお寺さまからのご紹介でご縁をいただきましたお客さまです。 大きな墓所ですので、当店からは敷地の使い方も含め、いろいろなデザインをご提案いたしました。

こちらはシンプルにグレー系の墓石を建てるプラン。 1007-2

次は、デザイン墓石のブランド「カーサメモリア」の「KIZUNA/キズナ」です。 1007-3

「KIZUNA/キズナ」を敷地に合わせてリサイズしたプラン。 1007-7

こちらは柱を設け、その上に灯篭を載せて、墓誌も設置するプランです。 1007-6

三番目は、墓地を縦長に使用して、本碑と先祖代々の供養塔を建立するプラン。 墓誌も設置しています。

1007-4

上記のプランを、柱に灯篭を載せて墓地を幅広に使用したタイプにアレンジしたものもお目にかけました。

1007-5

墓所のデザインプランはまだまだこの他にもございます。 次回もぜひご覧ください!

お墓のことならどんなことでも山崎石材店にお気軽にご相談ください。 茨城県内は地元常総近辺はもちろん、水戸や土浦など全域を対応。 また、千葉県の柏や松戸、我孫子、埼玉県のさいたま市や越谷市、 東京23区の霊園についても、責任を持ってお仕事ができる条件であれば、対応いたします。

「4坪の大きなお墓―2」>に続きます。

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

神奈川県から茨城県の新しいお墓へのお引っ越し

昨日に続き、本日もお墓のお引越しの事例をご紹介いたします。

Iさまはこれまで神奈川県にあるご実家のお墓を守ってこられましたが、茨城県に新しくお墓を建てられることになりました。
それに伴い、前のお墓を引き払ってお骨も移されることに。

【お引越し前の墓所/神奈川県】
0918*

お引っ越しの場合は、元の石をそのまま使う場合もありますが、今回は新たにお墓を建て、古いお墓は閉眼供養をして更地に戻し、お寺様に返還されました。
元のお寺の住職様は、「よくここまでお守りくださいました」とおっしゃっていました

さて、こちらは茨城県の新しいお墓です。
今風の洋型のデザインが素敵ですね。
墓石には人気の石材「河北山崎」を使いました。

【施工後/茨城県】
0918-2

山崎石材店では、こうしたお墓のお引越しやリフォームについてのご相談を、地元常総市はもちろん、つくばみらい市、土浦市、水戸市などの茨城県全域から受けさせていただいております。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

———————————————————
概要

墓石:河北山崎(中国産)
外柵:G688(中国産)
広さ:間口 1.8m  奥行 1.8m  面積 約3.3平米
装飾品や加工など:香炉・墓誌・塔婆立
(ご依頼から完成までの期間:2か月)
———————————————————

担当者からひとこと

お墓の引っ越しは、ご施主さまにとっては手間も資金もかかるもの。
なかなか大変ではありますが、やり遂げられた充足感はひとしおですね。
私共もお手伝いさせていただき、感謝いたします。

#お墓じまい

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店