タグ別アーカイブ: リフォーム

地盤強化で見た目も耐久性もアップ! 外柵のリフォーム-4

いつもありがとうございます。「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

長期間使うお墓は、途中で石のズレなどが起こらないようにすることが大切。
地震も心配なご時世ですしね。
ということで、当店では前回ご紹介したアンカー金具など以外にも、
さまざまな方法で石を固定しています。

下の画像は、石と石の接合面を隠し金具で補強している様子です。

こちらはカロート(納骨室)の周囲の床面の石張施工です。
重い石の板はリフターを使って持ち上げます。

こちらに使っている石材は中国産白御影石の「G623」。
使いやすいと外柵用にとても人気のある石です。

石と石の隙間を水が入らないようにシーリングします(青いテープの部分)。

こちらは解体・移動させていた石塔の組み上げを行っているところです。
このように耐震性能のあるシートや接着剤、コーキング剤を併用して、石を積み重ねていきます。

リフォーム工事の完成です。いかがですか?

外柵を新たに設けたことで、きれいに感じよくなっただけでなく、
松杭による地盤強化、そしてしっかりしたコンクリート基礎を行ったことで、
安全度もグーーンと向上しました。

これまでの石塔も、
新たに耐震GELパッドを使用して積み直すことで、
さらに永くお使いいただけるようになりました。

山崎石材店では、ご新規、建て替え、リフォームなどお墓についてのご相談を、
地元常総市、つくばみらい市はもちろん、土浦市、水戸市など、
基本的に茨城県全域を対応範囲としてお受けいたしております。

責任を持ってお引き受けできる条件でしたら、
千葉県の柏市や松戸市、我孫子市、埼玉県のさいたま市や越谷市など
近隣都県にも対応させていただきます。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

—————————————–
概要
墓石:既存
外柵:G623(中国産)
広さ:間口 1.5m  奥行 5.1m  面積 約8㎡
装飾品や加工など:塔婆立
完成までの期間:2か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

地盤強化で見た目も耐久性もアップ! 外柵のリフォーム-2

こんにちは。ご機嫌いかがですか?
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

石塔や墓誌はこれまでのものを残し、お墓の外回りだけを新設するリフォームは、
石塔を一旦解体するところから工事スタートです。

これまでのお墓を移動させて一旦更地に戻しました。
こちらの墓所は盛土地盤のため、今回は地盤強化に松杭を使用します。

地面に松杭を打ち込みました。
地震への備えとして、また長い年月の間の石のズレ防止にも効果的です。

ここに砕石を入れ、上からランマー(転圧機)で強い圧力をかけて、
密度を高める締固めを行います。

鉄筋を組んで型枠も設置しました。

さあここにコンクリートを打設していきましょう。
茶色の紙包は水抜き用の穴をつくるためのものです。

生コンクリートを流し込みました。

この後は温度と湿度を管理しながら、強度が出るまでしばらく養生します。

次回は石組みの段階へと進みます。

お墓は長く使うものです。工事にも信頼のおける店を選びましょう。
当店は、地盤強化などそれぞれの墓所の状況に合わせた基礎工事を行うことはもちろん、
地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 
◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

地盤強化で見た目も耐久性もアップ! 外柵のリフォーム-1

では、久しぶりにいってみましょう。

【お墓のリフォーム 】外柵編

ビフォア~~!

アフターーー!!

いかがでしょうか?

広々とした石張りの墓前の床や、家名入りの親柱ができたことで、
お墓の中心である石塔も、前のものと同じとは思えないほどになりましたよね。

と、たまには前のめり気味に始めてみました^^
こんにちは、茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

今回はこれまでの石塔や墓誌はそのまま残し、
お墓の外回りの外柵だけ新設なさったケースをご紹介します。

お話をいただいて、当店ではこちらの2つのプランを
お客さまに提案させていただきました。

【提案1】
異なる2つの素材を組み合わせたタイプです。

【提案2】
全面フラットな石張りのタイプです。
たくさんの方が一度にお参りしやすいですね。

お客さまは提案2の方をお選びになりました。
次回はこのリフォームの工事の模様をお届けいたします。

お墓の専門家・山崎石材店では、お墓のクリーニングやリフォームも承っております。
上記のような例以外にもお墓についての困りごとがございましたら、まずはお気軽にお問合せください。

当店の地元・常総市、つくばみらい市(展示場)はもちろん、近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。

 

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

愛着ある墓石を残しつつ印象一変!和型墓石のリフォーム-5

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニングまで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

これまでの石塔の、新しいお墓への設置が終わりました。
今度はその正面に新しい石塔を組んでいきます。

今回石塔に使った石材は、中国産の白御影石「清山」です。
外柵の、同じく中国産のポピュラーな白御影石「G623」との相性もバッチリですね。

石塔の上台の天面には、新幹線のぞみ号の床下の防振にも使われている素材「ノンブレン」を
屋外使用用に特化させた新素材でできている耐震ゲルの黒いシートを敷きました。
このシートにつきましては、詳しくはこちらをご覧ください。

上台に重ねたスリンの上にも、またこのシート。

こちらは墓誌の土台も兼ねる、お墓に向かって右側の羽目の部分。
ここにも金具、接着剤、コーキング剤をセットで使っています。

完成です!

和型デザインの墓石のサイズは、
お客さまにご提案した中から大きめの方をお選びいただきましたので、
正面から見ると、新旧ふたつのお墓が並んでいることを感じさせないほど
すっきりと見えますね。

白いさらしを竿石に巻き、お花やお供えの品も揃えて、
開眼法要の準備が整いました。

お坊さまにお経を上げていただき、新しいお墓に生まれ変わりました!

お客さまの声

狭い墓所で御苦労を掛け丁寧に良く出来ており有難う御座いました。

高野さま、こちらこそ感謝申し上げます。
今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
山崎石材店の展示場(つくばみらい市細代)は、お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富。
墓石に価格が表示されていますので、気軽に検討できると好評です。

ご来場の際は、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

—————————————–
概要
墓石:清山(中国産)
外柵:G623(中国産)
広さ:間口 1.2m  奥行 4.1m  面積 約5㎡
装飾品や加工など:花立・香炉・塔婆立
完成までの期間:3か月
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

愛着ある墓石を残しつつ印象一変!和型墓石のリフォーム-4

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

愛着あるこれまでの墓石は残しつつ、
あとはリフォームしたいというご要望をいただいての今回のケース、
工事がだいぶ進んでまいりました。

こちらはお墓の一番奥から見たところです。

ここに、まず擬宝珠(ギボシ)のついた親柱を建てました。
次にその間に、塔婆立てを設置します。

鳥居のような形をしている石の塔婆立ての、柱の部分がまずできました。
これからこの間にまた石を渡します。
ここも地震などの衝撃に備えて、
金具と強力接着剤、コーキング剤でしっかり固定していきます。

塔婆立ての設置ができました!

工場でクリーニングを終えた古い石塔を、塔婆立ての前に設置していきます。

これまでの石塔をさらに積み重ねていきます。

完成まであと一息ですね。

お墓づくりのご相談は、創業から270余年の伝統を誇る当店へどうぞ。
当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
お気軽にお電話くださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

愛着ある墓石を残しつつ印象一変!和型墓石のリフォーム-2

ご機嫌いかがですか?
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

これまでの石塔は残しつつ、他はすべて新しくなさったリフォーム事例のご紹介の2回目です。
お坊さまに「魂抜き」の法要をしていただいたいてから、解体工事にとりかかりました。

これまでの和型の墓石は、クリーニングを行うため工場へ運びました。
土の中のお骨瓶(かめ)の取り出しを行ったら、土台も解体します。

解体が終わりました。

ここにコンクリートの基礎を造っていきます。

生コンクリートを打設しました。
中央の丸い部分は水抜き用の穴です。
コンクリートの強度を引き出すために、これからしばらく養生期間に入ります。

お墓は家族の絆の象徴です。
リフォームや建て替えをされたことで、
「安心した」「心まで落ち着いた」とおっしゃる方は少なくありません。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしよう?
そんな時には、まずは山崎石材店へご相談くださいませ。

当店の地元・常総市、つくばみらい市(展示場)はもちろん、近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

愛着ある墓石を残しつつ印象一変!和型墓石のリフォーム-1

こんにちは! お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

さて今回は、これまでの石塔を残しつつ、
お墓を全面的にリフォームされたお客さまのケースをご紹介いたします。

こちらが工事前の現地の様子です。

和型デザインの墓石をと方針も定まりまして、
上の画像にCGのデザイン画を重ねてみました。

*

こちらは石塔の石の色を白系に変更したヴァージョン。
お客さまはこちらをお気に召されましたました。

このように、お墓の奥にこれまでの石塔を配置するデザインです。
和型墓石同士ですので、正面からだと特にすっきり見えますね。

**

お客さまには石塔の大きさをより大きくしたものもお目にかけ、
比較検討していただきました。
皆さまも上の写真と見比べてみてくださいね。

お客さまがどちらを選ばれたかは、あとのお楽しみということで^^

デザインが決まれば工事です。
これから古いお墓をいったん撤去しお骨も取り出しますので、
その前に墓前でご住職に読経していただきました。
これも欠かせない儀式です。

次回はこの続きをご覧ください。

茨城県の皆さま!
お墓のことなら新規の建立からリフォーム、部分的なプチリフォームまで、
当店におまかせください。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話くださいね。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

 

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産の「M1H」でお墓をリフォーム 東京都江戸川区-4

ご機嫌いかがですか?
お墓づくりからその後の管理、クリーニング、
引っ越しのご相談まで承れる「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

当店の展示場で出合われた印度産御影石「M1H」がお気に召し、
お墓の全面的なリフォームに活用されたケースのご紹介は、
上物の立て上げ工事へと移りました。

和型墓石の主役である石塔。
その石を積み重ねるのに活躍するのが、
震度7クラスの地震にも耐える構造にしてくれる耐震ゲルです。

この黒い四角いシートがそれ。
中台に上台を重ねるために設置しました。

上台にも同じように耐震ゲルを敷いて、竿石を重ねます。

石がすべて乗りました。
あとはシーリングができれば……、

完成です!

陽の光に「M1H」の緑が冴えています。

「お墓を建てたいけれど、どんなお墓にしたらいいのかイメージが湧かなくて」
こうおっしゃる方は、一度つくばみらい市細代にある当店の展示場にいらっしゃいませんか?
お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富ですし、
墓石には価格を表示しておりますので、安心して検討いただけますよ!

ご来場の際は、お待たせしたりすることのないようぜひお電話でご予約くださいませ。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

—————————————–
概要
墓石:M1H(印度産)
外柵:G623(中国産)
広さ:間口 0.9m  奥行 1.2m  面積 約1.1㎡
装飾品や加工など:花立・香炉・塔婆立
完成までの期間:1か月
—————————————–

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産の「M1H」でお墓をリフォーム 東京都江戸川区-3

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

印度産グリーン系の御影石「M1H」を使ったリフォーム、
今回は下回りの石の組み上げを進めて参りましょう。
こちらは地上に納骨室がある、「丘カロート」タイプの外柵です。

いつものように墓石専用コーキング材とエポキシ樹脂の強力接着剤を併用しています。

石と石は無垢のステンレスピンで接合。

上から乗せる石にもステンレスピンと接着剤、コーキング剤が見えますね。

こちらにも接着剤やコーキング剤を使います。

さらに石が乗りました。
今回こちらに使っている石材は、中国産の白系の御影石「G623」です。

お墓の手前の部分は、石を組み合わせてしゃれた雰囲気に。

いよいよ印度産の御影石「M1H」の登場です。
写真では黒っぽく見えますが、天気の良い日には緑色が際立つんですよ。

現在組み上げているのは石塔の下の方である中台の部分。

完成までもう一息。次回もこの続きをどうぞ!

お墓は長く使うもの。工事にも信頼のおける店を選びましょう。
山崎石材店は、それぞれの墓所の状況に合わせた工事を行うことはもちろん、
地震対策にも力を入れております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、
坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください♪

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

印度産の「M1H」でお墓をリフォーム 東京都江戸川区-2

こんにちは!
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

印度産のグリーン系御影石「M1H」を使って
和型デザインのお墓づくりをなさったケースのご紹介は、
古い墓石を解体、撤去し、もともとのお墓はベースの部分を残すだけとなりました。

こちらは職人をなさっておられるお客さまご自身が、施工されたものとのこと。
そのまま活用して基礎とします。

残したのはこの長方形のコンクリートの部分。

その周囲には新しくコンクリートを流して一体化させています。

コンクリートの強度が十分に出たところで、外柵の組み上げ工事を始めましょう。

黄色いのは水準器です。こちらで都度確認しています。
濃い灰色のものはモルタルです。

次回はこの続きを御覧ください。

お墓づくりのご相談は、創業から270余年の伝統を誇る当店へどうぞ!

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、
坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店