タグ別アーカイブ: リフォーム

お墓に外柵をつけるリフォーム-2

「石のつながり日記」をお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

ふたつの石塔の配置、柵のデザインともに決まりましたので、
今回から工事に入ります。
まずは今ある石を取り外して更地にするところから。

基礎をやり直すために、割栗石を敷き詰めました。

ここに砕石をさらに投入して、ランマー(締固め機)で圧力をかけ、締固めます。

型枠を組んで、鉄筋を背筋しました。
鉄筋はD13という、住宅の基礎などにも用いられる太いタイプを使用しています。

生コンクリートを流し込みました。
丸い筒のようなものは水抜き穴用です。
これからしばらく湿度を保ちつつ養生し、コンクリートの強度を引き出します。

次回は石の組み上げをご覧ください。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしたらいいんだろう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

お墓に外柵をつけるリフォーム-1

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニングまで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

本日お目にかけますのはお墓のリフォーム。
当社で以前施工させていただいたお墓を、囲いをリフォームするようご依頼いただきました。

こちらのお墓が……、

ほら、この通り!

イメージが一新されましたよね。

ご提案を振り返ります。
今回のリフォームは、もともとある二つの石塔をそのまま使い、
囲いを高くすることが条件でした。

まずは石塔を、前後左右ともずらした形で並べてみます。

現地の画像と合成しますとこんな感じです。

次に、中心に黒の石塔を持ってきました。

するとお客さまから、あまり周囲に合わせすぎないようにしたいとのお声が。

個性を出すため、囲いの手前にある柱の形を、曲線を生かしてデザインし直しました。

お客さまにもお気に召していただき、こちらで決定。
次回からは工事の様子をお目にかけましょう。

茨城県の皆さま!
お墓のことなら新規の建立からリフォーム、部分的なプチリフォームまで、当店におまかせください。

弊社は地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、茨城県内全域を基本対応エリアといたしておりますが、
責任を持ってお引き受けできる条件であれば、
千葉県の柏市や松戸市、埼玉県の川口市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

グレーの御影石で墓所をリフォーム-5

こんにちは。
お墓づくりからその後の管理、クリーニングまで承れる「お墓の専門家」、
茨城県常総市の山崎石材店です。

グレーの御影石「長泰正目」を使って、お墓のリフォームをなさった内田さまのケースのご紹介、
今回は石塔の立ち上げの作業を見ていただきます。

いったん撤去し、工場で磨き直しを行った墓石を積み直していきます。

下の画像で、4枚敷いてあるシートは、
わずか3ミリの薄さながら震度7クラスの地震にも対応する「耐震GEL(ゲル)」。
水や紫外線に非常に強く、野外での使用に向いた素材でできています。

上の層も「耐震GEL」を使って施工しています。

完成しました。

磨き直しをした黒御影石の墓石は、鏡のようなツヤを取り戻しました!
外柵に使った中国産のグレーの御影石「長泰正目」ともよく調和しています。

うちのお墓、そろそろなんとかしなきゃいけないけど、どうしよう?
そんな時には、まずは当店へご相談ください。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

—————————————–
概要
墓石:既存黒御影石
外柵:長泰正目(中国産)
広さ:間口 1.8m  奥行 4.4m  面積 約8㎡
装飾品や加工など:塔婆立・花立・香炉・墓誌
(ご依頼から完成までの期間:4か月)
—————————————–

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

グレーの御影石で墓所をリフォーム-4

いつもありがとうございます。「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

今ある黒御影石の石塔は活かしつつ、
その他は全面的にリフォームされることになった内田さまのケースのご紹介、
早くも4回目となりました。

基礎のコンクリートがしっかりと固まったら、
この基礎と一体化する「アンカー工法」で、石の組み上げを始めます。

基礎から出ている金具がおわかりいただけるかと思います。

慎重に石と石を、石材専用の接着材で接合していきます。

ここは下から二層目の石を接合する場面。
ステンレスピンも使ってしっかり固定しています。

下回りが完成しました!
和型のデザインの中に、伝統とモダンがうまくミックスされています。

今回外柵に使用した石材は「長泰正目」。
中国産のグレー系の御影石で、息の長い人気があります。

この「長泰正目」の外柵は、
工場でお預かりし、クリーニングを行っていた黒御影石の石塔とも相性はバッチリのはず。
次回はその組み合わせの妙もご確認くださいね!

皆さまも、お好みにあったデザインや石材でお墓づくりをなさいませんか?

弊社は地元・常総市、つくばみらい市(展示場)をはじめとした茨城県内全域を基本的な対応エリアといたしております。
しかし、責任を持ってお引き受けできる条件であれば、千葉県柏市や松戸市、我孫子、埼玉県の川口市や越谷市など近隣都県にも対応させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

グレーの御影石で墓所をリフォーム-3

こんにちは。
茨城県常総市で、江戸時代から地元に親しまれているお墓の専門家・山崎石材店です。

お墓の中心である石塔は残して行うリフォーム工事は、
全体のデザインが固まりましたので、いよいよ工事に入ります。
まずはお寺さまに読経していただき、その後でお骨を取出して、古い囲いを撤去。

黒御影石のお石塔は、私どもの工場にいったんお預かりして、磨き直しを行います。

これからここにコンクリートの基礎をつくります。
画像は、その下地の底の位置まで土を掘り下げる「根切り」の作業を行ったところです。

ここに大きめの割栗石を敷き詰めていきます。

締固め機(ランマー)で上から圧力をかけ、締固めました。

生コンクリートを流し込むための、型枠を組み上げます。
中の四角い枠はカロート(納骨室)の部分です。

鉄筋を配筋したら、生コンを流し込みます。

生コンクリートを打設しました。
コンクリートに十分な強度が出るまで、このまま1週間以上養生します。

次回は下回りの石を組み上げていきます。

このようなお墓のリフォームは、山崎石材店へお任せください。

当店の地元・常総市、つくばみらい市(展示場)はもちろん、近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話くださいませ。

こちらもぜひ一度ご覧ください!
↓  ↓  ↓

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

グレーの御影石で墓所をリフォーム-2

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

今ある黒御影石の和型墓石は活かして、大規模なリフォームをとご依頼くださった内田さま。
当店からお出ししたデザイン案を、さっそく御覧いただきましょう。

提案1
墓前がすっきり、広々としたタイプです。

提案2
こちらは石灯籠を墓所の入り口に配置したもの。

提案3
今ある和型墓石のほかに、洋型デザインの墓石を追加するパターンです。
波のような外柵のデザインも特徴です。

いろいろとお見せした中で内田さまがお気に召したのは、シンプルなこちらのデザイン案でした。

そこで最後にひとひねり。
石の色を再度検討し、グレーの石でシックなイメージをご提案。
こちらで決定となりました。

皆さまはどのデザインがお気に召しましたか?
山崎石材店では、このようにお客さまのご要望にお応えするべく工夫を重ねることを、
喜びといたしております。

「お墓を建てたいけど、どんなお墓にしたらいいのかイメージが湧かなくて」とおっしゃる方は、
一度つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にお越しください。
お墓のデザイン、石材の種類ともに豊富ですし、
墓石には価格を表示しておりますので、安心して検討いただけますよ!

ご来場の際は、お待たせしたりすることのないようぜひお電話でご予約くださいませ。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市などからのご連絡もお待ちいたしております。

次回からは工事の模様をお届けいたします。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

グレーの御影石で墓所をリフォーム-1

こんにちは。茨城県のお墓の専門家、山崎石材店です。

お墓のリフォームと一口に言っても、
その規模は花立てを加工するだけのプチリフォームから様々にございますが、
今回から、今あるお墓の石塔は活かし、
そのほかの所は全面的にリフォームされた、内田さまのケースをご紹介していきます。

下の画像がその完成形。
伝統的な和型墓石のスタイルは守りつつもをモダンな感覚あふれるデザインに、
グレーと黒のツヤのある御影石が映えていますね。

内田さまも、とても満足してくださったようです。

内田さまは、当店のホームページをご覧になって展示場にご来場いただいた方。
依頼を受け墓所へ伺ったのは、まだ雪が残る時期でした。

こちらは、お客さまがお持ちになったメモです(一部加工してあります)。

現地の写真や大まかなサイズをはじめ、
内田さまがどうなさりたいのか、意図がはっきりと書かれていて、
石屋としてもとても助かる内容でした。

当店もプロですから、
ご自身のイメージがゼロの段階でご来店いただいても全く問題はありませんが、
内田さまは、しっかりとお考えになられてからお越しくださいました。

年回(年忌)法要に合わせて、お墓をきれいになさりたいとのこと。

奥に長い敷地を生かして、いくつかご要望に沿ったご提案をさせていただくことになりました。
次回はそのデザイン案をたっぷりとご覧頂きます。
皆さまも、ご自分のお好みに合うデザインや石材で、お墓を建てられませんか?
当店は創業から270余年。先進の技術やデザイン感覚を取り入れつつ、価格、サービスともに地域に信頼される石材店として営業いたしております。
ぜひ一度、つくばみらい市細代にある山崎石材店の展示場にお越しくださいませ。

ご来場の際は、お待たせすることのないよう、ぜひお電話でご予約ください。
茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市ほかからのご連絡もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

雰囲気を変えずに納骨スペースを設置するリフォーム-3

いつもありがとうございます。「お墓の専門家」、茨城県常総市の山崎石材店です。

慣れ親しまれたお墓の雰囲気に馴染むように納骨室を新設するリフォーム工事は、
土台が出来上がりましたので、
墓石を下から一段ずつ、元の通りに組み直しをしていくところから今回はご紹介します。

古い墓石にも、いつも通り耐震GELパッドを施工(黒いシート状のものです)。
これは震度7クラスにも耐える性能があります。

戻した墓石には、お客さまのご希望により、コケ取りクリーニングも施してあります。

【ビフォア】

【アフター】

写真写りも大きく変わりますね。

昔のお墓は柔らかい石材を使っていることも多いので、
傷つけないよう磨きすぎに注意が必要ですが、
山崎石材では、機械と薬剤、そして職人による丁寧な手作業を併用し、
ご家庭では対応が難しい頑固なコケにも対応いたしております。

きれいになった墓石の前に香炉なども置いて、
「雰囲気を変えずに納骨室を設置」する工事の完成です。

お客さまからも「大変満足しています」との有り難いお言葉をいただきました。

皆さまも、職人によるコケ取りクリーニングでお墓をきれいになさいませんか?
この他にも、今回のようなお墓についてのお悩みがございましたら、当店へお気軽にご相談ください。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、
近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

 

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

雰囲気を変えずに納骨スペースを設置するリフォーム-2

こんにちは。
末永くお付き合いができる関係を大切にしたい、
茨城県常総市の「お墓の専門家」山崎石材店です。

これまでのお墓に馴染むように納骨室を設ける、お墓のリフォームの例のご紹介、
本日は基礎工事の続きをお目にかけます。

地面に掘った穴に割栗石(わりぐりいし)を投入し、敷き詰めていきます。

ここに砕石も入れてからランマーで圧力をかけ、しっかりと締固めました。

次に鉄筋を組んで……、

生コンクリートを打設。
このあたりは通常の基礎工事と同じです。

生コンが固まったら、土台を兼ねた納骨スペースを設置。

隙間には元の土を戻して、土台部分が完成しました。

山崎石材店では、このようなお墓のリフォームも得意といたしております。

当店の地元・常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の小美玉市、笠間市、桜川市、ひたちなか市、那珂市、鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話くださいませ。

 

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店

雰囲気を変えずに納骨スペースを設置するリフォーム-1

こんにちは、お墓の専門家・茨城県常総市の山崎石材店です。

長い時を経たお墓にはカロート(納骨室)がない、
あっても新しくお骨を納めるほどの広さがないということがしばしばございます。

今回は「代々のお墓に納骨するスペースを設けたい。でも、いまの石はすべてそのままにしたい」
というリフォームのご依頼をいただいたケースをご紹介いたします。

納骨スペースの設置はいくつかの方法が考えられますが、今回は、墓石の下に設置するタイプに。
ある程度の広さを確保でき、長くお使いいただけることが決め手でした。

重い墓石の下に空洞を造るわけですので、心配されるのは強度です。

「雰囲気をそのままに」というご要望でしたので、
墓石の土台には、現墓石にも使用されている、「白河石」を選択しました。

「白河石」は福島県白河市産。
加工がしやすく、古い墓石によく用いられています。
「御影石」よりもやわらかいので、風合いも柔らかい感じになります。
こちらを使って、納骨スペースを兼ねた墓石の土台をつくっていきます。

納骨スペースをつくるために、これまでの石はいったん撤去していきます。
古い土台が出てきました。

石を間違いなく元に戻すために、印(白いテープ部分)をつけながらばらしていきます。

石をすべて撤去し、下地の底まで掘り下げました。

これで基礎と納骨スペースをつくるための「根切(ねきり)」の作業が完了。

次回は基礎コンクリートを施工するための次の段階へと入ります。

山崎石材店は江戸時代から続く、お墓の専門家。
ご新規からプチリフォーム、お墓の管理やお引越しまで、幅広く手がけております。

当店の地元・茨城県常総市、つくばみらい市はもちろん、近隣の守谷市、取手市、坂東市、つくば市、下妻市にお住いの皆さまからのご相談もお待ちいたしております。
どうぞお気軽にお電話ください。

 

◆創業270余年の経験と実績を元に、『お墓づくりの基礎知識』レポートを制作いたしました。 report

こちらから入手いただけますので、お墓づくりのご参考に、ぜひご一読ください。◆

墓石・お墓の専門家 茨城県の山崎石材店